不定代名詞 someone / everybody / nothing の用法を例文で確認しよう

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

~thing系の不定代名詞

ネコ
someone / everybody / nothing 的なやつを、それぞれを整理したのが下の表なんですね。

some-any-no-every-
-one(人)someoneanyoneno oneeveryone
-body(人)somebodyanybodynobodyeverybody
-thing(もの)somethinganythingnothingeverything

ウサギ
これらは代名詞として使われて、形容詞としての用法はありません。そして単数扱いになります。「some~ と any~ 」の使い分けは、「some と any」と同じです。

ネコ
~one / ~body は何が違うんですか。

ウサギ
だいたい同じです。~one の方がフォーマルかな。everyone は「みなさん」。everybody は「みんな」という感じでしょうか。

スポンサーリンク

~thing を修飾する語句の語順

ウサギ
そうですね。あと ~thing を修飾する語句は、~thing の後ろにくることに注意しましょう。

I want something hot to drink.
私は温かい飲み物が欲しい。

ネコ
普通は「形容詞→名詞」の順番になりますものね。

I’d like to have some hot chocolate.
熱いココアを下さい。

注意すべき表現

ウサギ
最後に覚えておいて欲しい表現を載せておきます。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。

somebody (someone) / 立派な人物

She thinks that she is somebody.
彼女は自分が立派な人物だと考えている。

something / 重要なこと・よいこと

It meant something to him.
それは彼にとって重要なことを意味していた。

nobody / 名もない人

She has married a nobody.
彼女は名もない男と結婚した

something of ~ / ちょっとした~

He is something of a musician.
彼はちょっとした音楽家です。

something like ~ / いくらか~のような

She has come to know something like love.
彼女はいくらか恋のようなものを知ることになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました