冠詞がいるとき、いらないとき

冠詞がいるとき、いらないとき中学レベル英語の解説

a / an / the といった冠詞は、どういったときにつけるのでしょうか。またどういったときにつけないのでしょうか。冠詞がいるかいらないかの基準はどうなるのでしょうか。a / an / the といった関係詞の用法と使い分けを解説します。

スポンサーリンク

不冠詞の a のつけ方

ウサギ
まずは、不定冠詞のつけ方について確認しましょう。

・ 単数形:「1つのもの」をあらわし、名詞の前に a または an をつける。
・ 後の名詞(句) が母音で始まるときは an にする。
・ 「スポーツ名」、「教科名」、「my や your などの前」には a や an はつけない。

楽器の演奏には the をつける

問題(  ) に a、an、またはthe を書きなさい。いずれも必要のないときは×を書きなさい。

1. I play (   ) soccer.
2. I play (   ) guitar.

ネコ
「スポーツ名」には a や an はつけないんですよね。

1. I play ( × ) soccer.
私はサッカーをします

guitar は「スポーツ名」じゃないよね。

2. I play (a) guitar.

ウサギ
「1」はOK! でも「2」は違うよ。

「(楽器を) 演奏します」という場合、楽器名は「the+楽器名」であらわします。

なのでこうなります。

2. I play (the) guitar.
私はギターを弾きます

ネコ
そうか、そんな話もあったね……気を取り直して、やっていきますね。

教科名には冠詞をつけない

問題(  ) に a、an、またはthe を書きなさい。いずれも必要のないときは×を書きなさい。

3. I like (   ) English.
4. He is (   ) English teacher.

えーっと、「教科名」には a や an はつけないんですよね。

3. I like ( × ) English.
私は英語が好きです
4 He is ( × ) English teacher.

ウサギ
「3」はOK! でも「4」は違うよ。

English teacher は「英語の先生」なので「教科名」じゃない

だから冠詞をつけなくちゃいけないよ。

ネコ
ああ、そうかーえーっと、後の名詞(句)が母音で始まるときは an にするんですよね。後の「English / イングリッシュ」が母音で始まっているので、

4. He is (an) English teacher.
彼は英語の先生です

ウサギ
OK!

所有格があると冠詞はつけない

問題(  ) に a、an、またはthe を書きなさい。いずれも必要のないときは×を書きなさい。

5. He is (   ) our English teacher.

ネコ
すると「our / アワー」も母音で始まっているので、

5. He is (an) our English teacher.

ウサギ
違うよ。「my や your などの前」には a や an はつけないんですよ。「my = 私の」「your = あなたの」ですよね。それに対して our は?……そう、「私たちの」ですよね。

これら『所有格』があると a や an をつけないんですが……あ、「所有格」っていうのが少し難しいかな? では、こう考えよう。

「~の」という語がついていれば a や an や the をつけない

ネコ
じゃ、こうですね。

5. He is ( × ) our English teacher.
彼は私たちの英語の先生です

ウサギ
正解!

コメント

タイトルとURLをコピーしました