不定冠 a / an の使い分けと用法

この記事は約2分で読めます。

ウサギ
不定冠詞というのは a とか an のことです。a は子音で始まる語の前に用います。an は母音で始まる語の前に用います。a と an は綴りで使い分けるのではなく、発音で使い分けることに注意です。

「a pen / ア ペン」「an egg / アン エッグ」「an hour / アン アワー」

ネコ
「an hour」は、h で始まっているけれど、発音は「アワー」と「母音」で始まる。だから a ではなく、an を使うんですね。

ウサギ
a や an といった不定冠詞は、はじめて話題に出てきた単数の数えられる名詞 (可算名詞) に付きます。「1つの」という意味ですが、訳さなくてもいいことが多いです。

She advised him to use a bicycle.
彼女は彼に自転車を使うように言った。

ネコ
「彼女は一つの自転車を使うように言った」なんて変ですもんね。

ウサギ
そのほかこういうときにも使いますよ。

種類全体をあらわす。

A cat is cute.
ネコはかわいい。

ネコ
でも、種類全体をあらわす場合は、「Cats is cute. 」というように、複数形を使うのが一般的なんですよね。

ウサギ
そうです。

「~につき」の意味をあらわす

また a / an は、時間・重さなどの単位をあらわす名詞について、「~につき」の意味をあらわします。

He practices the guitar three hour a day.
彼はギターの練習を1日3時間します。
I am paid 10 dollars an hour.
私は一時間につき十ドルもらっています

ネコ
「three hour a day」は「1日と3時間」じゃないんだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました