勉強のやり方がわからない人のための、おすすめ勉強方法

勉強のやり方がわからない人のための、おすすめ勉強方法おすすめ勉強方法

勉強をしていて、「もっと効率のいいやり方はないかなぁ」と思うことがあるでしょう。あるいは、勉強に対してやる気がなくなったり、投げやりになってしまったり、果てには「勉強って何のためにするの?」という疑問が浮かぶこともあるかと思います。

日常過ごす中でわいてくる、勉強に対する不安や疑問に対して、指針となる話をまとめてみました。ぜひ参考にして、充実した学校生活を過ごせるようになっていただければと思います。

おすすめ勉強方法

予習は必要か。必要だとすると、具体的に何をすればよいのか。

予習と復習では復習の方が大事だという話はよくあります。では、予習は必要ないのでしょうか。予習が必要だとすると、具体的に何をすればよいのでしょうか。 予習と復習では復習の方が大事 予習と復習では、復習の方が大事です。これは「何らかの事情で...
おすすめ勉強方法

成功体験と失敗体験のどちらが、人をより成長させるのか

成功体験が大切だという人がいます。自己肯定感につながるからです。失敗体験こそ大切だという人もいます。失敗は避けることができるからです。 さて、成功体験と失敗体験のどちらが、人をより成長させるのでしょうか。 失敗は成功の母 エジソン...
おすすめ勉強方法

練習問題ではむしろ間違えたほうがいい理由

練習問題の答えを、ある生徒にあてて答えさせます。その生徒が「(ア)か(ウ)のどちらかと思うんですが…」と言います。「勘でもいいので、選んでみて」と私が言います。その生徒は「じゃぁ…(ウ)」と答えます。 そして答え合わせです。その生徒は...
おすすめ勉強方法

勉強時間って本当に決めたほうがいいの?

よくある質問で「勉強時間って決めたほうがいいですか?」というものがあります。月曜日は、何時から何時まで勉強する。火曜日は、何時から何時まで勉強する… 多くの人は「そりゃ、決めたほうがいいんじゃないの」と言うと思います。ですが、私はこれに少し...
おすすめ勉強方法

受験やテストで緊張しない方法

テストで緊張して自分の実力が発揮できなかった。そういう経験ありませんか。模試の問題を家に帰ってからあらめて解いてみると、あれほどわからなかった問題がスラスラと解ける。だれしもそういう経験があるかと思います。 ではどうすれば、普段の実力...
おすすめ勉強方法

高校受験の作文課題の書き方

高校受験で作文課題が出題されることがあります。それについてどうやって書けばいいですか、という質問が多いので、書いてみたいと思います。 どういうテーマが多いのか まず高校受験の作文課題で、どういうテーマが出されてきたのか、ざっと紹介します...
おすすめ勉強方法

社会の入試問題の解き方

受験が近づいてきました。過去問をするにあたって、どのようにすればいいですか、という質問がありますので、それについて書いていきます。次は社会です。 社会の過去問への取り組み方 社会の過去問は気楽に取り組めばよいです。知っているか知らないか...
おすすめ勉強方法

数学の入試問題の解き方

受験が近づいてきました。過去問をするにあたって、どのようにすればいいですか、という質問がありますので、それについて書いていきます。次は数学です。 計算問題について 数学の入試問題の第一問は、たいてい計算問題になっています。ここは普通にや...
おすすめ勉強方法

英語の入試問題の解き方

受験が近づいてきました。過去問をするにあたって、どのようにすればいいですか、という質問がありますので、それについて書いていきます。まずは英語からです。 文法問題について まずは問題を解きます。文法問題やそれに準ずる問題は、時間をかける必...
おすすめ勉強方法

過去問に取り組むのはいつが一番良いのですか?

ある生徒が「過去問をください」と言うので、渡します。そしてそれをするのかな、と思って見ていると、全然別のことをしています。 「さっき渡した過去問はやらないの?」とたずねると、「それは勉強が終わってからやります」と言います。勉強していな...
おすすめ勉強方法

英文法と英単語はどちらを優先するべきですか

ツイッターで「英文法と英単語はどちらを優先するべきですか」という質問がありました。それに対する返信を見てみると、「英単語を優先するほうがいい」と言っている人が多くいました。 果たして英語の学習において、本当に英単語優先こそ正義なのでし...
おすすめ勉強方法

自己肯定感が低いことは、むしろすごいことだ

勉強が全然できなくて、落ち込むことありますよね。勉強に限らず、「私って本当にダメな人間だ」と感じてしまうことは、誰しもあることです。 若者を対象とした意識調査によると、日本は諸外国と比べて、自己を肯定的に捉えている者の割合が低いという...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました