長い時間勉強したのに、成績がそれにともなわない理由

この記事は約3分で読めます。

自習に来ていた生徒が「今日、4時間勉強したわー」と満足そうに帰っていきます。いやいや、4時間塾にいたのは知っていますが、その4時間で何をしたのかが大切です。

そもそも勉強には時間をかけるべき勉強と、時間をかけなくてよい勉強の2種類があります。もしその子が「時間をかけなくてよい勉強」を4時間かけてやっていて、それに満足していたのなら、こんなバカな話はありません。

スポンサーリンク

時間をかけるべき勉強

定期テストの勉強で、自習に来ている子がいました。その子は数学の過去問に取り組んでいました。30分ほどして、再び様子を確認すると、違う教科の勉強になっていました。

「さっきやっていた数学は?」と聞くと、「終わりました」との返事。「どうだった?」と聞くと、「まぁまぁです」と返ってきます。

いやいや、まぁまぁとは何なのか? 完ぺきではないということは、分からないところがあるはずです。であれば、その分からないところを調べてやり直して、できるようにしなくてはなりません。

それを考えると、過去問が30分で終わるというのは、実際のテスト時間よりも短いです。そんなことはあり得ません。間違えたところ、分からなかったところの、見直しやり直しは、時間をしっかりかけてやらなくてはなりません。

スポンサーリンク

時間をかけなくてよい勉強

小学生には、授業の最後で宿題を出します。その時にその子がよく言うことがあります。「今週は忙しいので、宿題を少なくしてくれませんか?」

「あれ? あなた、売れっ子芸能人でしたっけ?」と、それには返します。分刻みのスケジュールで、睡眠時間が、移動時間にしか取れないような生活をしているのならともかく、小学生の宿題に関しては、「忙しい」という言い訳は通じません。

小学生には解答を渡していません。そして宿題はP12と13の練習問題をやってくるようにとだけ言います。つまり答え合わせは、次週来たときに、先生の方で丸つけをすることになります。そしてそのやり直しから、次の授業がスタートという寸法です。

ですので小学生の宿題は、単にやるだけです。単にやるだけなので、時間などかかりようがありません。よって「忙しい」から、やる時間がない、なんて言い訳は通じないのです。

もちろん多少考えなくてはいけない問題もあるでしょうけれど、ある程度考えて分からなければ、それはもう仕方がありません。次に来たときに、一緒にやり直しましょう。

2種類の勉強

勉強には2種類あります。問題を解く勉強と、丸つけをしてやり直すまでの勉強です。

問題を解く勉強は「弱点を探す勉強」です。自分の分からないところを見つけるための勉強なので、時間をかける必要はありません。

丸つけをしてやり直すまでの勉強は「弱点を克服する勉強」です。これは時間がかかります。解説を読んだり、調べたり、質問したりとすることがたくさんあるからです。

勉強をすると一言で言っても、この2種類の勉強をしっかり整理することが大切です。最初の例ですが、「4時間勉強をした」と言っても、この2種類の勉強の割合はどうだったのでしょう? もしかすると「弱点を探す勉強」にだらだらと時間を費やしていたのではありませんか?

まとめ

勉強時間が多いのは、ただ多いだけでは意味がありません。必要な勉強に、必要な時間を費やすことが大切です。

「長い時間勉強をしている割に、成績がそれにともなわない」という人は、「弱点を克服する勉強」に、時間を使えているかどうかを確認してください。「弱点を克服する勉強」とは、丸つけをしてやり直すまでの勉強です。

「長い時間勉強をしている割に、成績がそれにともなわない」という人は、おそらく「弱点を探す勉強」にだらだら時間を費やしていたか、あるいはそもそも勉強に2種類あることを知らなかったのではないでしょうか? そこを意識するだけでも、勉強の効率は改善しますよ。

スポンサーリンク
おすすめ勉強方法
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました