文整序問題の解答テクニック・指示語が指すものは直前にある

この記事は約3分で読めます。

問題次の文の (  ) に入れるべき3つの文が、順不同で下の1~3に示されている。論理的な文章にするにするのに最も適当な配列にしましょう。
 
There are some places on the earth which get very little rain. (   ) When rain falls, the plants hold the water and prevent the land from drying out.

  1. Nevertheless, they don’t necessarily become deserts.
  2. In regions with a very dry climate, such greenery is very important.
  3. This is because some grass and other plants are able to grow there.
スポンサーリンク

解説

ウサギ
文整序の問題では、指示語に注目すると順番が分かりやすいです。

指示語の指すものは、直前の英文にあることが多い

サル
1. では they、2. では such、3. では This や there、が指示語になるね。それらが何を指しているのかを、考えるんだね。

ウサギ
1. Nevertheless, they don’t necessarily become deserts.
この they はまず「複数」であることに注目です。当然指している語も「複数」の単語です。

サル
「複数」の単語ということは、最初に出てくるのは、 some places だね。あとは、2. の regions や、3. の some grass と other plants も複数形です。うーん、このままだと、どこにでも入りそうだな。

ウサギ
では、Nevertheless に注目してみましょう。nevertheless は、逆接の接続詞ですので、こう考えてもいいですね。

逆接の接続詞があると、その直前と直後で意味は逆になる。

サル
nevertheless の後で、「かならずしも砂漠にならない」と書いてあるのだから、その前には、砂漠になりそうなことが書いてある、と考えられるわけですね。

すると最初の文が「地球には雨がほとんど降らない場所があります」だから、この直後に 1. が入りそうです。ということは、they は some places を指していたんですね。

ウサギ
2. In regions with a very dry climate, such greenery is very important.
この such は、次に greenery とあります。この話の流れで「緑」のものといえば、「植物」ですね。

サル
「そのような草木」ですから、3. に出てくる some grass と other plants を指しているんだろうね。(  ) の前には、「植物」的なものはないですからね。

これで、3. → 2. の流れができました。ということは、正解は 1. → 3. → 2. ですね。

ウサギ
ついでに (  ) の後ろにある文に the plants とあるので、その直前には「植物」関係の言葉がない 1. がこないとも考えられます。

サル
なるほど、やり方は一通りではないんですね。

【訳】
地球上にほとんど雨が降らない場所がいくつかあります。それらは必ずしも砂漠になるわけではありません。これはそこでいくつかの草や植物が育つことができるからです。非常に乾いた地域では、そのような草木がとても大切です。雨が降った時、その植物が水を抱え、そして土地を乾燥から防ぎます
スポンサーリンク
高校レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました