不定詞の基本的な用法を例文で確認しよう

不定詞の基本的用法高校レベル英語の解説

ネコ
不定詞もなんか用法がたくさんあって、ややこしいんですよね。

ウサギ
「名詞的用法」と「形容詞的用法」と「副詞的用法」の3つがあるね。それぞれの用法の注意すべきポイントを、例文を使いながら確認していきましょう。

まずは名詞的用法の注意すべきポイントからいきましょう。

スポンサーリンク

不定詞の名詞的用法

形式主語

主語になる不定詞句が長い場合、形式主語 It を普通の主語の位置に置いて、不定詞句を真主語として文末に置きます。

It is important to study English.
英語を勉強することは大切だ。

形式目的語

S+V+O+C の文型の O の位置に不定詞句が来る場合、そのまま O の位置に不定詞句を置くことはできません。そのため、形式目的語の it を O の位置に置き、不定詞句を真の目的語として文末に置きます。

I think it important to study English.
英語を勉強することは大切だと、私は思う。

ネコ
形式目的語と形式主語は、不定詞の名詞的用法なんですね。

不定詞の形容詞的用法

ウサギ
次は不定詞の「形容詞的用法」です。形容詞的用法の不定詞は、修飾する名詞の直後にきます。不定詞の形容詞的用法には3つのパターンがあります。

修飾される名詞が、意味上の主語になる (主格関係)。

I have no one to help me.
私には助けてくれる人がいません。

修飾される名詞が意味上の目的語になる (目的格関係)。

I have many books to read.
私には読むべき本がたくさんあります。

修飾される名詞を不定詞が説明する (同格関係)。

It is time to go to bed.
寝る時間です。

ネコ
まぁ、よくわからなかったら全部「~ための」としておけば、特に問題はなさそうですね。

不定詞の副詞的用法

ウサギ
最後に不定詞の副詞的用法です。副詞的用法は to 以下の部分がなくても、文として成り立つことがポイントです。to の前でいったん区切ってみると、意味が取りやすくなります。

目的をあらわす不定詞の副詞的用法

意味は「~ために」となります。

I stopped to smoke.
私はタバコを吸うために立ち止まった

原因をあらわす不定詞の副詞的用法

この用法では、不定詞を「感情をあらわす語句」のあとに置きます。

I’m glad to see you again.
私はあなたに再び会えてうれしいです。

理由をあらわす不定詞の副詞的用法

「must~ / に違いない」や、「cannot / ~のはずがない」とともに使われることが多いです。

He cannot be honest to say such a thing.
そんなことを言うとは、彼は正直者のはずがない。

結果をあらわす不定詞の副詞的用法

結果をあらわす不定詞の副詞的用法は、後ろから訳すと意味がおかしくなりますので、前の動詞から順番に訳していきます。

He grew up to be a teacher.
彼は成長して教師になった。

ネコ
「教師になるために成長した」は確かに変ですね。

程度をあらわす不定詞の副詞的用法

書きかえ問題に注意しましょう。

He was kind enough to help me.
= He was so kind as to help me.
彼は親切にも私を助けてくれました。
He is too young to drive a car.
= He is so young that he can’t drive a car.
彼は若すぎて運転できない。

ネコ
enough to と too ~ to のパターンですね。何回も練習しましたよ。

形容詞を修飾する不定詞の副詞的用法

直前の形容詞を修飾して、形容詞の意味を限定する用法です。

This book is easy to read.
この本は読みやすい。

条件をあらわす用法

主節に仮定法過去 (助動詞の過去形) や、仮定法過去完了 (助動詞の過去形+have ~) が使われます。

I’d be very fun to play tennis with him.
彼とテニスができたらとても楽しいだろうなぁ。

ネコ
原因をあらわす副詞的用法と同じ感覚ですよね。

独立不定詞

ウサギ
独立不定詞は、副詞的用法の一つですが、そんなことを考えずに、決まり文句として覚えるとよいですね。

to tell the truth / 実は

To tell the truth, we got married last year.
実は私たち結婚しました。

to be frank with you / 率直に言うと

To be frank with you, I love her.
率直に言うと、私は彼女を愛しています。

to make matters worse / さらに悪いことに

To make matters worse, it began to rain.
さらに悪いことに、雨が降り出した。

needless to say / 言うまでもなく

Needless to say, he is right.
言うまでもなく、彼が正しいです。

strange to say / おかしなことに

Strange to say, he met someone who was said to be dead.
おかしなことに、彼は死んだと言われている人に会った。

to begin with / まず最初に

To begin with, we have no money now.
まず最初に、私たちは今お金がありません。

so to say (speak) / いわば

He is, so to speak, a walking dictionary.
彼はいわば生き字引です。

ウサギ
最後に不定詞の否定形だけ見ておきましょう。

不定詞の否定形

否定語の not / never を不定詞の直前に置いて、不定詞句を否定します。

She decided not to watch TV.
彼女はテレビを見ないと決めた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました