couldn’t agree more は賛成なのか? 反対なのか?

高校レベル英語の解説

問題次の会話文の (  ) に当てはまるものを、下の 1~4 の内から1つ選べ。

A : Let’s ask the teacher tomorrow.
B : (  ) That’s the only way to go.

1. I can’t agree with you.
2. I couldn’t agree more.
3. How can I agree with you?
4. I completely disagree.

サル
選択肢には agree という単語が並んでいるなぁ。agree は「賛成する」という意味だよね。ということは、この人が「賛成」か「反対」かを見極めないといけないですね。

ウサギ
(  ) の次の言葉に注目ですね。That’s the only way to go. これはどういう意味になると思う?

サル
直訳すると「それは行くべき唯一の道です」です。不定詞の形容詞的用法になるね。

ウサギ
それでだいたいの意味が分かると思いますが、意訳すると「それが (やるべき) 唯一の方法だ」となります。つまり賛成していることが分かります。

サル
この人が「賛成」しているなら、「1」「2」は not があるので違いますね。「4」も agree に dis がついているね。これは否定をあらわす接頭語だから、これも「反対」をあらわしている。

ということで、残った「3」 が正解ですかねぇ。

ウサギ
「3. How can I agree with you?」は、直訳すれば、「どうやって私はあなたに賛成できますか」になります。これを反語と考えると「どうやってもあなたに賛成できません」となります。つまり「反対」をあらわしています。

サル
それじゃ、全部「反対」になって、正解がなくなってしまうじゃないですか。

ウサギ
実は、「2. I couldn’t agree more.」が「大賛成」という意味になるんですよ。

I couldn’t agree more. は「それ以上の賛成はできないなぁ」→「大賛成」の意味になります。

サル
ということは正解は、「2. I couldn’t agree more.」なんだね。でもそういえば何で can’t じゃなくて couldn’t なんだろう。

ウサギ
仮定法的な感じなんだそうですよ。

If I were a bird, I could fly in the sky.
私が鳥なら、空を飛べるのになぁ。「鳥じゃないので、空を飛べない」
I couldn’t agree more.
(なんかあれば) それ以上の賛成はできないのになぁ。「(何もないので) いくらでも賛成する」

サル
ふぅーん、なんかよくわからないけれど、I couldn’t agree more. は「大賛成」と覚えておくのが良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました