形容詞の限定用法と叙述用法を例文で確認しよう

この記事は約3分で読めます。

形容詞には「限定用法」と「叙述用法」があります。それぞれの用法と文の中での位置、どちらかしか使えない形容詞など注意点がありますので、それらを例文を使いながら確認していきましょう

スポンサーリンク

形容詞の限定用法

ウサギ
形容詞の限定用法というのは、形容詞が名詞を修飾する用法です。形容詞が単独で名詞を修飾する場合は名詞の前に置きます。

Look at that big dog.
あの大きな犬を見て。

形容詞を2つ以上を並べるときの、順序の目安は次のとおりです。

形容詞を並べる順序

「the / this / 所有格」→「数詞」→「大小 / 形」→「色 / 新旧」→「材料 / 所属」→「名詞」
Can you see the big white building over there ?
向こうに大きな白いビルが見えますか
冠詞、所有格、指示形容詞を一緒に並べることはできません。
a my friend → ×
a friend of mine → ○

all / both はどの語より前にきます。

I have read all his novels.
私は彼の本を全部読んでいる。

ネコ
これは「all of ~ / ~の全て」の of が、省略されていると考えたらいいですね。

形容詞が他の修飾語句を伴うときは、名詞の後に置きます。

The girl running over there is my sister.
向こうを走っている女の子は私の妹です。

ネコ
分詞の形容詞的用法の時に、よく見るパターンですね。

~thing で終わる代名詞を修飾するとき、それの後に形容詞を置きます。

I want something hot to drink.
何か暖かい飲み物が欲しいです

ネコ
~thing のパターンは以前やりましたね。

スポンサーリンク

限定用法と叙述用法

ウサギ
叙述用法というのは補語になる用法です。「S+V+C」の C になったり、「S+V+O+C」の C になったりします。

ネコ
普通の形容詞は、「限定用法」と「叙述用法」のどちらにも使えるんですよね。

ウサギ
そうです。しかし、中には「限定用法」と「叙述用法」のどちらかしか使えないものもあります。それらがテストで狙われます。そのパターンを見ていきましょう。

限定用法のみに使われる形容詞

daily / elder / former / latter / wooden / drunken / only / mere / upper / very
This is a wooden desk.
これは木製の机です。

ネコ
これらは名詞の前にしか来ないんですね。

ウサギ
次は叙述用法のみの形容詞を見ていきましょう。

叙述用法のみに使われる形容詞

glad / content / afraid / alike / alive / alone / ashamed / aware / asleep / ill / well / unable
I am glad to see you.
私はあなたに会えてうれしいです。

ネコ
叙述用法のみの形容詞って「a」で始まるものが多いですよね。

限定用法と叙述用法で意味が違う形容詞

ウサギ
限定用法と叙述用法で、意味が変わる形容詞もあります。

certain / ある (限定用法)、確かだ (叙述用法)
I was told it by a certain person.
私はある人からそれを聞いた。(限定用法)
It is certain that he will come.
彼が来るのは確かだ。(叙述用法)
late / 亡くなった (限定用法)、遅刻した (叙述用法)
Her late husband was a teacher.
彼女の亡き夫は教師でした。(限定用法)
She was late as a result of the heavy snow.
彼女は大雪のため遅刻した。(叙述用法)

ネコ
late は、まぁなんとなくわかる気がするけれど、certain の意味の違いは不思議な感じですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました