数量をあらわす形容詞の使い分け

数量をあらわす形容詞高校レベル英語の解説

many / much / few / little / some / any / several / enough といった数量をあらわす形容詞があります。これらの単語の用法とその使い分けを、例文を使いながら確認していきましょう。

スポンサーリンク

many と much

ネコ
数量をあらわす形容詞って、修飾する名詞によって使い分けなくちゃいけないんですよね。

ウサギ
そうですね。数えられる名詞か、数えられない名詞かによって、使い分ける必要がありますね。

many / much / a few / a little の使い分けに注意!

数えられる複数名詞数えられない単数名詞両方に使う
多いmany / a number ofmuch / a great deal ofa lot of / lots of
少ないa fewa little×

many / much は口語では主に否定文と疑問文で使われます。a few / a little は「少しはある」という肯定的な意味になります。few / little は「少ししかない」という否定的な意味になります。

「a few / a little」と「few / little」の意味の違い

I have a little money now.
私は今、少しはお金があります。
I have little money now.
私は今、少ししかお金がありません

ネコ
持っているお金の量は同じだけど、気持ちの持ちようで a little と little を使い分けるんですね。

some と any

ウサギ
some は通常肯定文で使われます。any は通常疑問文・否定文・ if節で使われます。

ネコ
それに関しては「some と any」でやりましたね。

不定代名詞 some / any の用法を例文で確認しよう
some と any の用法 some と any には、代名詞と形容詞の用法があります。「いくらかの」という漠然とした数量を表します。基本的に some は「肯定文」で使い、any は「否定文・疑問文・if節」で使います。 そ...

several と some と enough

ウサギ
several は数えられる名詞の複数形とともに、限定用法で使います。多さは「some < several < many」という感じです。

several と some

Several students were absent from school because of colds.
数人の生徒が風邪で学校を休んだ。
Father bought me some books.
父は私に本を買ってくれました。

ネコ
some も several も「いくつかの~」の意味ですけれど、some の方はあまり数を意識しないので、あえて「いくつかの~」と訳す必要はないですね。

ウサギ
enough は数量が「十分ある」という意味で、数えられる名詞・数えられない名詞の両方に使います。

several と enough

Several birds were flying in the air.
数羽の鳥が空を飛んでいました。
There were enough seats for all of us.
私たち全員が座るのに十分な席があった。

ネコ
several は数を意識しているのに対して、enough は足りているかどうかが問題になっていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました