紛らわしい副詞の使い分けを例文で確認しよう

紛らわしい副詞の使い分け高校レベル英語の解説

ウサギ
使い分けが紛らわしい副詞があります。「very と much」「already と yet と still」「ago と before と since」の使い分けについて、それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。

スポンサーリンク

very と much の使い分け

very の用法

very は動詞を修飾しません。very が修飾するのは形容詞・副詞の「原級」や、「形容詞化した分詞」です。

The game was very exciting.
その試合はとてもワクワクした。

much の用法

まず much が修飾するのは形容詞・副詞の「比較級・最上級」や、「過去分詞」です。

I like dogs very much.
私は犬がとても好きです。

much は「動詞」も修飾します。しかし動詞を修飾するとき、much 単独で使うのは否定文と疑問文だけです。

He doesn’t walk much.
彼はあまり歩かない。

much を肯定文に使うときは very much を使います。

I like dogs very much.
私は犬がとても好きです。

ネコ
過去分詞でも excited みたいな、形容詞化したものは、very が修飾するんですよね。これがややこしい。

already と yet と still の使い分け

ウサギ
次は、already と yet と still の使い分けです。

already / yet の用法

already は基本的に肯定文のみで使います。肯定文で「もう~」の意味を表します。疑問文で使うときは驚きの感情が入ります。

I have already finished my homework.
私はもう宿題を終えた。

yet は疑問文・否定文で使います。疑問文で「もう~?」、否定文で「まだ~」の意味を表します。

Have you finished your homework yet?
もう宿題は終えましたか?
Ken has not washed the car yet.
ケンはまだ車を洗っていません

ネコ
already は文中なのに yet は文末に来ますね。不思議ですね。

still の用法

still は「まだ~」と継続の意味を表します。

He is still here.
彼はまだここにいる。

比較級を強めて「なおいっそう」の意味を表します。

You are tall, but he is still taller.
あなたは背が高いが、彼はなおいっそう背が高い。

ネコ
still が比較級を修飾するパターンは、知らなかったです。

ago と before と since の使い分け

ウサギ
最後は、ago と before と since の使い分けです。

ago の用法

ago は過去時制で使われます。必ず期間をあらわす語と一緒に使われます。

He left three days ago.
彼は三日前に出発しました。

before の用法

before は単独で使われて、「以前に」の意味を表します。

I’ve been in Sapporo before.
私は以前、札幌にいたことがあります。

期間をあらわす語と一緒に使われて、過去のある時を基準にして「それより~前」の意味にもなりますね。その時の before は過去完了に使われます。

They had gone there two days before.
彼女は2日より前に、そこに行ったことがある。

since の用法

副詞の since は単独では「それ以来」の意味を表します。その時は ever をともなうことも多いです。

I have been taking care of him ever since.
私はそれ以来、彼の世話をしています。

ネコ
since は前置詞や接続詞として、「~から」となる用法の方が有名ですね。

He has been playing tennis since this morning.
彼は今朝からずっとテニスをしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました