接続詞 that の意味と使い方

この記事は約3分で読めます。

接続詞の that の用法

接続詞の that はあとにくる「主語+動詞~」をうけて「~ということ」という意味です。前の「主語+動詞」につなぐ接続詞になります。この接続詞の that は省略できます。
I know Ken.
私はケンを知っています。

I know that Ken is a good boy.
私はケンがよい少年だということを知っています

ウサギ
まずは次の三つのパターンを、覚えておくといいですよ。

I think that ~ / ~と思います。
I know that ~ / ~と知っています。
I hope that ~ / ~といいなぁと思います。

ネコ
後にくる「主語+動詞」をうけて 前の「主語+動詞」につなぐってどういうことですか?

ウサギ
えっと、that の後ろをみると、Ken is a good boy という普通の文があるでしょ。その文の主語は Ken で、動詞は is ですね。これが後にくる「主語+動詞」です。

前の「主語+動詞」は、当然 I know ですね。で、その二つを that がつないで (接続して) いるのです。まぁ、よくわからなければ、これだけわかっていれば良いですよ。

接続詞の that はあとには、完全な文がくる

ネコ
それから that の意味は「~ということ」なんですか? 「あれ」とか「それ」じゃないのですか?

ウサギ
うん、そこは説明しだすとややこしくなるので、今回の接続詞の that は「~ということ」とそのまま頭に入れておくのがいいよ。

ネコ
で、その that は省略できるって言ってますが、「~ということ」という意味があったら、省略したらおかしくなりませんか。

「私はケンがよい少年だということを知っています」から「ということ」を省略すると、「私はケンがよい少年だを知っています」になります。これって、日本語として変ですよね。

ウサギ
うーん…… そんな頭コチコチで考えなくても、もっとシンプルに考えたらいいと思うんだけど……

I know Ken is a good boy.
私は知っているよ。ケンはいい少年だ。
→ ケンはいい少年だと、私は知っているよ。

言っている順番が、日本語と違うだけなんだよね。

ネコ
まぁ、そういわれれば、そうですね。
でもそれなら that なんて使う必要ないよね。

ウサギ
そうですね。くだけた言い方だと、接続詞の that は省略するのが普通です。

ここからはややこしい話になるので、話半分で聞いて欲しいんですが、実は that には指し示す感覚があるんですよ。これは代名詞の that を「あれ」と考えるのと同じ感覚ですね。

I know that Ken is a good boy.

つまりこの that には、今から知っている内容を言いますよ。という前置き的な感じになっているんです。

だから that があると、重々しいというか、仰々しいというか、噛んで含めるというか、丁寧というか、そんな感じがしませんか?

そういうこともあって、論文だったり、上司へのきちんとした報告だったり、そういう筋道立てていうときは、that があると、それっぽいですね。それに対して、友達同士のさらっとした会話なんかだと、こういう時の that は言わないのが普通だね。

ネコ
カジュアルとフォーマルみたいな感じですかね。まぁ、なんとなくわかったような感じはします。

ウサギ
とりあえず訳を考える上で、that を「~ということ」としておくと楽だよね。これはそういう意味で「訳のテクニック」としてとらえておくといいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました