相関的な等位接続詞を例文で確認しよう

相関的な等位接続詞高校レベル英語の解説

ウサギ
AとBがあってその関係が等しくなるとき、その固まりを相関的な等位接続詞といいます。次のAとBは同じ品詞の語句が入ります。どういうものがあるのか、それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。

both A and B / AもBも両方とも

主語のときは複数扱いになります。

Both he and she are students.
彼も彼女も学生です。

either A or B / AかBかどちらか

主語のときは動詞はBに合わせます。

Either you or I am wrong.
あなたか私のどちらかが悪いです。

neither A nor B / AもBも~ない

AとBの両方を打ち消します。

He can neither read nor write.
彼は読むことも書くこともできません。

not only A but (also) B = B as well as A / AだけでなくBも

主語のときは、Bに動詞の形を合わせます。

Not only you but also he is in the wrong.
He as well as you is in the wrong.
あなただけでなく、彼も間違っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました