be動詞とは

be動詞とは中学レベル英文法・長文の解説
この記事は約2分で読めます。

「~です」「~がある」と英語で言うときは、どのように言えばいいのでしょうか。また be動詞があると必ず「~です」「~がある」の意味になるのでしょうか。今回は be動詞「am / is / are」の用法と、注意すべきポイントを解説します。

スポンサーリンク

be動詞とは

ネコ
そういえば be動詞って一体なんなのですか?「am / is / are」と、3種類習ったんだけどよくわからないよ。

ウサギ
まずは、be動詞に関する、この問題をやってみましょう。

問題問 次の英文を日本語に直しましょう。
1. This is a pen.
2. I am in New York.

ネコ
こうかなぁ。

1. This is a pen.
これはペンです
2. I am in New York.
「私はニューヨーク…です」

ウサギ
一つ目の訳はそれでいいです。2つ目は変ですね。実は、be動詞の意味は基本3つあります。

be動詞は「~です」「~いる」「~ある」の意味。(「~になる」の意味もありますが、それはまた後日やります)

ネコ
ということは、2.はこうですね。

I am in New York.
私はニューヨークにいる

be動詞の注意点

ウサギ
be動詞の意味は「~です」「~いる」「~ある」と言いましたが、実は日本語でそう書かれていない場合でも、be動詞を使う場合があるんですよ。

She is beautiful.
彼女は美しい。

ネコ
ふぅーん、「彼女は美しいです」と言えば「~です」はあるけれど、確かに普通は「彼女は美しい」と言いますね。

日本語に「~です」「~いる」「~ある」があるかどうかだけで、be動詞の文かどうかを見分けるのは少し危険ですね。

ウサギ
また後日やりますが、日本語の「動詞」は英語の「一般動詞」にあたります。日本語の動詞がない文の時に、英語では be動詞を使います…って、ちょっとややこしい? まずは何回も口に出して慣れることですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました