場所をあらわす前置詞を例文で確認しよう

場所をあらわす前置詞中学レベル英語の解説
この記事は約5分で読めます。

場所をあらわす前置詞にはたくさん種類があります。「atと in」の違いはどうなるのでしょうか。「on と over と above」「under と below」「between と among」「by と near と around」「to と into と for と toward」「through と along と across」 の違いはどうなるのでしょうか。場所をあらわす前置詞の使い分けを解説します。

スポンサーリンク

at と in の区別

ウサギ
場所をあらわす前置詞で、よく使われるのは以下のとおりです。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。

at~ / 狭い場所をあらわす

I met him at the station.
私は彼に駅で会いました。

in~ / 広い場所をあらわす

I live in Tokyo.
私は東京に住んでいます。

ネコ
in が広くて at が狭いのは、時をあらわすときと同じですね。

on と over と above の区別

on~ / (接して)~の上に

The book on the table is mine.
テーブルの上の本は私のものです。

over~ / ~の上に

A truck ran over our dog.
トラックが私たちの犬をひいた。

above~ / ~の上方に

Birds fly above the trees.
鳥が木の上を飛んでいます。

ウサギ
on は本当は「~の上」じゃないんだよ。くっついているという意味。だから壁に絵がかかっているというときも on the wall というんです。

ネコ
over には覆っているイメージがあるので、上を通り過ぎる感じがあります。それに対して above は単に「上の方」という位置関係をあらわしている感じです。

under と below の区別

under~ / ~の下に

There is a cat under the desk.
机の下にネコがいます。

below~ / ~の下方に

The sun sank below the horizon.
太陽は水平線の下に沈んだ。

ネコ
over と above の関係と同じような感じですね。under は覆われている感じがあります。

between と among の区別

between~ / (2つのものの) 間に

There is a river between two parks.
2つの公園の間に川があります。

among~ / (3つ以上のものの) 間に

I see a house among the trees.
木々の間に家が見えます。

ネコ
between は between A and B の形で使われることが良くありますね。

by と near と around の区別

by~ / ~のそばに

My house stands by the river.
私の家はその川のそばにあります。

near~ / ~の近くに

I live near the school.
私は学校の近くに住んでいます。

around~ / ~のあたりに

I want to do some shopping around here.
私はこのあたりで買い物をしたいです。

ウサギ
by は「そば」ですから、すぐ横にいる感じです。だから変な言い方ですが、by は near より「近い」です。

ネコ
near は線で考えて近い。around は円を描いてその範囲内みたいな感じですね。

to と into と for と toward の区別

to~ / ~へ

Could you tell me the way to the station?
駅への道を教えてくれませんか。

into~ / ~の中へ

Some boys came into the classroom.
何人かの少年が教室に入ってきました。

for~ / ~へ向かって

He left for America by plane.
彼は飛行機でアメリカに向かって出発しました。

toward~ / ~の方へ

He walked toward the door.
彼はドアの方へ歩きました。

ネコ
to は到達も含んでいるんだね。「家に帰るまでが遠足です」みたいなものかな。into はそれに in のイメージを加えていますから、中に入り込む感じですね。

ウサギ
forward は単に方向を表しています。だからそこが目的地とは限りません。それに対して for も方向ですが、こちらは目的地を表しています。

through と along と across の区別

through~ / ~を通って

We will go through the forest.
私たちはその森を通っていくつもりです。

along~ / ~に沿って

Cherry trees are planted along the river.
桜の木が川に沿って植えられています。

across~ / ~を横切って

A young man is walking across the street.
若い人が通りを横切っています。

ウサギ
through はトンネルを通り抜けるイメージです。along は線があってそれに沿うイメージです。三次元と一次元の違いみたいな感じかな。

ネコ
となると across は二次元かな。漢字でいうと「十」ですね。

その他の場所をあらわす前置詞

behind~ / ~のうしろに

Please close the door behind you.
後ろのドアを閉めてください。

ネコ
behind の反対語は in front of ですね。

from~ / ~から

He has just come home from Tokyo.
彼は東京からちょうど帰ってきたところです。

ウサギ
from は出発点を表しています。だから「from A to B / AからBまで」というように、到着地点をあらわす to と一緒に使うこともよくあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました