受け身でbyを使わないときの前置詞

受け身で by を使わないときの前置詞中学レベル英語の解説

ネコ
受け身の文で

~に興味がある や
~に驚く などの文をつくるときに
at / to / in / of とかをつかいますよね?

そのときの使い道 (?) がよくわかんなくて…

材料をあらわすとき、「in」を使うというのは知ってるんですけど… (made in ~)  他の at や of はどのように使うのですか? 回答おねがいします

ウサギ
by を使わない受け身 (受動態)はいろいろなものがあります。 それぞれ、なぜ at を使うのか? なぜ of を使うのか? と考えたくなりますが、 それはひとまずおいておいて、丸覚えしておくほうが手っ取り早いかと思います。

【~に興味がある、に使う前置詞】
be interested in ~ / ビー・インタレスティッド・イン
(インとインで語呂がいいですね)
【~に驚く、に使う前置詞】
be surprised at ~ / ビー・サプライズド・アット
(「アッ! と、驚くので at [アット] を使います)

あと、材料を表わすのは be made of ~ ですよ。
ちなみに原料を表わすのは be made from ~ になります。

made in ~ は「~で作られた……」と、作られた国や地域をあらわします。

This car is made in Japan.
この車は日本で作られた (この車は日本製です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました