受け身の文の作り方を丸暗記するのは良くない

受け身の文の作り方を丸暗記するのは良くない中学レベル英語の解説

受け身の文の作り方には手順があります。それはどのようなものなのでしょうか。またその手順に当てはまらないパターンとはどのようなものなのでしょうか。受け身の文を作るときの手順と、書きかえ問題で間違えやすいパターンについて解説します。

スポンサーリンク

能動態 (普通の文) から受け身 (受動態) への書きかえの手順

1. まず能動態の文の目的語を主語にして、
2. 次に能動態の文の動詞を「be動詞+過去分詞」にして、
3. 最後に能動態の文の主語を目的格に変えてその前に by をつけて文の最後に置く。

ウサギ
受け身 (受動態) の文の形を良く見ておきましょう。「be動詞+過去分詞」があれば受け身 (受動態) だし、「by+目的格」があれば受け身 (受動態) であることも多いですね。



そして数日後

by ~ は動作をする人をあらわす

問題(   )内の語から適切なもの選べ
問 The letter was written ( by / in / with ) English.

ネコ
受け身だから最後は「by ~」ですよね。

The letter was written by English.

ウサギ
違ーう! 手紙を書いたのが「英語」なわけないですよね。正解は「in」です。

The letter was written in English.
その手紙は英語で書かれていました
「by ~」はその動作をする人を表します。

こういうパターンもありますので、注意しましょう。

English is spoken in Canada.
英語はカナダで話されています。

ネコ
カナダが話しているんじゃないから by ~ にはならないんですね。

進行形のことを忘れない

問題(   )内の語から適切なものを選べ
問 He is (played / playing) tennis in the park.

ネコ
えっと……受け身は「be動詞+過去分詞」だから……正解は played ですかねぇ。

He is played tennis in the park.

ウサギ
違ーう! たしかに「be動詞+過去分詞」で「受け身 (受動態)」になるけど、「be動詞+~ing (現在分詞)」で「進行形」というのがあったでしょ。

「彼はテニスをしている」だから、正解は「playing」です。

He is playing tennis in the park.
彼は公園でテニスをしています
「している」なら進行形。「されている」なら受動態。

コメント

タイトルとURLをコピーしました