前置詞の基本的な用法を例文で確認しよう

この記事は約8分で読めます。

ウサギ
基本的な前置詞を、使い分けがややこしいグループや、意味が反対になっているグループなど、いろいろ分類してみました。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。

スポンサーリンク

場所をあらわす前置詞

at / it / on

at は比較的狭い場所を表します。

I left my homework at home.
宿題を家に忘れてきました。

in は比較的広い場所を表します。

I have a few friends in America.
私はアメリカに少し友達がいます。

on は表面に接触していることを表します。

There is a clock on the wall.
壁に時計がかかっています。

ネコ
on は「~の上」と思っていましたが、壁にかかっているのにも使うんですね。「くっついている」イメージなんですね。

in と into と out of

in は「~の中に」と位置を表します。

I left my umbrella in the bus.
私は傘をバスの中に忘れました。

into は「~の中へ」と運動を表します。

例文He came into the room.
彼は部屋の中に入ってきた。

out of は「~の外に」「~の外へ」と位置・運動の両方を表します。

He is out of the office.
彼は事務所にいません
You must go out of the room.
あなたは部屋の外へ出なくてはいけない。

ネコ
「in ⇔ out of」「into ⇔ out of 」という関係になっているんですね。

over と under , above と below

over は真上にあることを表します

There was a small bridge over the river 10 years ago.
10年前、川の上に小さな橋があった。

under は真下にあることを表します。

There is a cat under the table.
テーブルの下に猫がいます。

above は接触しないで上の方にあることを表します。

Birds are flying above the trees.
鳥が木の上を飛んでいます。

below は接触しないで下の方にあることを表します。

There is a river far below.
はるか下に川があります。

ネコ
「over ⇔ under」「above ⇔ below」の関係になっていますね。

ウサギ
over は上で覆っているイメージ、under は囲われているイメージです。above / below は必ずしも「真上・真下」でなくてもいいです。

up と down

up は「上のほうに」と位置を表したり、「上のほうへ」と運動を表します。

Can I put this up?
これを上へあげてもよろしいですか。

down は「下のほうに」と位置を表したり、「下のほうへ」と運動を表します。

He put down the pencil on the desk.
彼は机の上に鉛筆を置いた。

ネコ
「up ⇔ down」の関係になっていますね。

to と for と toward

to は運動の到達点を表します。運動の起点をあらわすのは from になります。

The road runs from Tokyo to Osaka.
その道は東京から大阪まで続いています。

for は目的地、行き先を表します。

Which train I should take for Osaka?
大阪行きはどの電車に乗ればいいですか。

toward は方向を表します。

The dog was running toward me.
その犬は私の方に走ってきた。

ネコ
to と for は、到達しているかどうかで見分けたら良いですね。上の例文だと road は大阪にとうたつしているので to だし、train は大阪に到達していないので for を使っているって感じかな。

ウサギ
toward は方向なので、目的地とは違います。上の例文だと「私」の向こうに飼い主がいて、そこを目的地として走っているかもしれません。

between と among

between は「2つのものの間に」の意味になります。

There is a yard between the two houses.
2つの家の間に庭があります。

among は「3つ以上のものの間に」の意味になります。

The singer is popular among young people.
その歌手は若者の間で人気があります。

ネコ
between は「between A and B / AとBの間に」という形でよく使われますね。

along と across と through

along は「~に沿って」の意味になります。

She was walking along a garden path.
彼女は庭の小道を散歩していました。

across は「~を横切って」「~の向こう側へ」の意味になります。

They swam across the river.
彼らは川を横切って泳ぎました。

through は「~を通って」の意味になります。

He entered the house through a window.
彼は窓を通って家に入りました。

near と by / beside

near は遠くない程度の、漠然とした近さを表します。

Our school is near the station.
私たちの学校は駅に近くにあります。

by / beside は near よりも近いこと表します。

We always spend our vacation by the sea.
私たちはいつも海のそばで休暇を過ごします。
There is a river beside the house.
その家にそばには川があります

ネコ
これは気持ちの問題で使い分けたらいいですね。

in front of と behind

in front of ~ は「~の前に」という意味になります。

There is a bank in front of the station.
駅の前に銀行があります。

behind は「~の後ろに」という意味になります。

There was a large garden behind the house.
その家に後ろに大きな庭がありました。

ネコ
in front of ⇔ behind という関係になりますね。

スポンサーリンク

時をあらわす前置詞

at / in / on

at は時刻や、ある時の一点を表します。

He usually gets up at six.
彼は普通6時に起きます。

on 日・曜日や特定の時を表します。

I am always at home on Sundays.
私は日曜日にいつも家にいます。

in は月・年・季節や午前・午後といった、比較的期間の長さを持つある時を表します。

I am going to play tennis in the afternoon.
私は午後にテニスをするつもりです。

ネコ
at < on < in の順番に長くなっています。 場所の時と同じような感覚ですね。

by と until / till

by は動作の完了の期限を表します。

I will finish it by the time he comes back.
彼が戻る時間までに、それを終わらせるつもりです。

until (till) は動作・状態の継続の終点を表します。

I’ll stay here until ten.
私は10時までここにいるつもりです。

ネコ
by は「~までに」、until (till) は「~まで」と考えるといいですね。1文字違いで大違いです。

for と during

for は年・月・日などの期間を表します。

I have lived here for three years.
私は3年間ここに住んでいます。

during は特定の期間を表します。

Did you go anywhere during the summer vacation?
夏休み中にどこかに行きましたか。

ネコ
数字があれば for で、行事ごとがあれば during という感じかな。

from と since

from は時の起点をあらわす。終点には until (till) / to が使われます。

I study from eight to eleven.
私は8時から11時まで勉強します。

since は過去に始まった状態や動作が今も続いていることを表します。現在完了形とともに使われることが多いです。

It’s been three years since I moved here.
私が引っ越してから、3年になります

before と after

before は「~前に」という意味になります。

How about taking a walk before breakfast?
朝食前に散歩するのはどうですか。

after は「~あとに」という意味になります。

I went shopping after he came home.
彼が家に帰ってから、私は買い物に行きました。

ネコ
before ⇔ after という関係になりますね。

in と within

in は未来のことについて「(今から) ~後に」というときに使います。

The plane takes off in ten minutes.
その飛行機は10分後に離陸します。

within は「~以内に」というときに使います。

I’ll be back within an hour.
一時間以内に戻ってきます。

前置詞がつかなくなるパターン

this / last / next / every / tomorrow / yesterday、などが時をあらわす語につくと、前置詞を使わずに副詞句の働きをします。

It was very cold yesterday morning.
昨日の朝はとても寒かったです。
I went outside early in the morning.
私は朝早く外に出た。

コメント

タイトルとURLをコピーしました