around の用法 -「~の周りをまわって」「~の辺りで」「あちこちを」「ぐるりと」の around

中学レベル英語の解説

around にはいろいろな用法があります。どういった用法があり、どのように使われるのでしょうか。「~の周りをまわって」「~の辺りで」といった前置詞の用法、「あちこちを」「ぐるりと」といった副詞の用法や、共通するイメージを解説します。

スポンサーリンク

「~の周りをまわって」の around

問題

次の日本語に合うように、(  )に適当な語を書きなさい
There are a lot of trees (  ) the pond.
池の周りにたくさんの木があります。

ネコ
「周り」ですか。こうかなぁ。

There are a lot of trees spin the pond.

ウサギ
spin? クルクル回転しているの? そうじゃなくて、「周囲」ってことですよ。正解はこうです。

There are a lot of trees around the pond.
池の周りにたくさんの木があります。

「ぐるっと回るような周囲に」は around を使います。

「~の辺りで・~の近くで」の around

問題

次の日本語に合うように、(  )に適当な語を書きなさい
Dolphins live (  ) the coral reef.
イルカはそのサンゴ礁の辺りに住んでいます。

ネコ
「あたり」ですか。こうかなぁ。

Dolphins live per the coral reef.

ウサギ
違います。per は「一人当たり」でつかうやつです。

How much is the tour per person?
そのツアーは一人当たりいくらですか。

「~の辺りで」は around を使います。

Dolphins live around the coral reef.
イルカがそのサンゴ礁の辺りに住んでいます。

「~の辺りで・~の近くで」というとき、around を使います。

ネコ
あれ? around は「ぐるっと回る」んじゃなかったのですか。

ウサギ
「~の辺りで」の指の動きは、「~の周りで」の指の動きを半分にしただけですよね。円の動きが半円になっただけです。つまり同じイメージなのです。「辺り」は「周辺」ともいいますしね。

「あちこちを」の around

問題

次の日本語に合うように、(  )に適当な語を書きなさい
I walked (  ).
わたしはあちこちを歩きました。

ネコ
「あちこち」ですか。こうかなぁ。

I walked across.

ウサギ
「~のあちこちで」の across は、前置詞です。後ろに名詞を伴って使います。

Students from across the world introduce their school.
世界のあちこち出身の生徒が、彼らの学校を紹介しています。

今回の問題の「あちこち」は副詞なので、around を使ってこうあらわします。

I walked around.
わたしはあちこちを歩きました。

副詞の「あちこち」は around を使います。

「向きを変えて・ぐるりと」の around

問題

次の日本語に合うように、(  )に適当な語を書きなさい
Please turn the picture (  ).
その絵の向きをぐるりと変えてください。

ネコ
「くるり」ですか。こうかなぁ。

Please turn the picture Quruli.

ウサギ
その「くるり」は岸田繁と佐藤征史の2人からなる日本のロックバンドです。「ぐるり」と回転させるのですから、こうなります。

Please turn the picture around.
その絵の向きをぐるりと変えてください。

「向きを変えて・ぐるりと」は around を使います。

ネコ
「ぐるりと」も around を使うんですね。確かに「ぐるりと」の指の動きは、「~の周りで」の指の動きと同じ円の動きだなぁ。同じイメージなのですね。

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました