前置詞の働き

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

前置詞の働き

ウサギ
前置詞は普通「前置詞+名詞 (句)」の形をとり、全体で前置詞句になります。「限定用法」「叙述用法」「副詞句の用法」があります。

形容詞句として名詞を後ろから修飾する限定用法

I stand for freedom of speech.
私は言論の自由に賛成です。(限定用法)

補語になる叙述用法

My shop is on the main street.
私の店はメインストリートにあります。(叙述用法)

副詞句として働く用法

He grew up in a little village.
彼は小さな村で育ちました。(副詞句)

ネコ
「補語」になるパターンが、少しうっかりしやすいかな。

スポンサーリンク

前置詞と目的語が離れるパターン

ウサギ
前置詞の後にくる名詞 (句)・代名詞を、前置詞の目的語といいます。前置詞の目的語が「疑問詞」「関係代名詞」「形容的用法の不定詞句」のときは、前置詞がその目的語と離れて目的語より後にきます。

What are you looking for?
あなたは何を探しているのですか(疑問詞)
This is the house which he lived in.
これは彼が住んでいた家です(関係代名詞)
They are looking for a house to live in.
彼らは住む家を探している(形容詞的用法)

ネコ
このパターンは、前置詞のつけ忘れに注意ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました