注意すべき前置詞を例文で確認しよう

この記事は約2分で読めます。

ウサギ
前置詞には注意すべきものもあります。それらを「状態をあらわす前置詞」「関係をあらわす前置詞」「除外をあらわす前置詞」に分類しました。

どういうものがあるのか、それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。

スポンサーリンク

状態をあらわす前置詞 on / under / in / like

よく使われる意味から、イメージがしづらくなっています。

on / ~している最中で

The house is on fire.
家が燃えている。

under / ~されている最中で

The road is under repair.
その道路は修理中です。

in / ~の状態で

The house is not in very good condition.
その家はあまりいい状態ではない。

like / ~のような

Life is like a journey.
人生は旅のようなものだ。

ネコ
on / in / under は、イメージを大きく広げると、そうなのかなぁという感じですね。

スポンサーリンク

関係をあらわす前置詞 of / about / on / with

ウサギ
次は関係をあらわす「~について」のグループ。

これは使い分けが難しいです。どれを使ったらいいか迷うことがあるのではないでしょうか。

What do you think of the new teacher?
新しい先生についてどう思いますか。
I know nothing about it.
私はそれについて何も知りません。

ウサギ
of よりも about のほうが具体的な場合に使います。

He advised me on my study.
彼は私の研究についてアドバイスをしてくれた。

ウサギ
on は about よりも専門的なときに使います。

Will you help me with my homework?
宿題について私を手伝ってくれませんか

ネコ
これは「help A with B / AのBを手伝う」の形で覚えておくのがいいですね。

除外をあらわす前置詞 but

ウサギ
最後は、除外をあらわす but です。

but / ~を除いては

He works every day but Sunday.
彼は日曜日を除いて毎日働きます。

ネコ
これはなんとなく分かるね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました