疑問詞の慣用表現を例文で確認しよう

この記事は約2分で読めます。

ネコ
疑問詞を使った慣用表現ってどんなのがあるのですか?

ウサギ
では、疑問詞を使った慣用表現を、例文を使いながら確認していきましょう。

What do you think of (about) ~? / ~をどう思いますか

What do you think of this sweater?
このセーターをどう思いますか。

ネコ
what だけど「何」ではなく「どう」と訳しているのがポイントですね。

How do (would) you like ~? / ~はどうですか

How do you like your new school?
新しい学校はどうですか。

ウサギ
「感想」を聞いています。「how about」も「~はどうですか」ですが、こちらは「提案」です。使い方が違います。

How about playing tennis?
テニスをするのはどうですか

How come S+V ~? / なぜ~

How come you didn’t say anything?
なぜあなたは何も言わなかったのですか。

ネコ
why は「理由」をたずねるのに対して、How come はびっくりしたときに使う表現なんだってね。

What is wrong (the matter) with ~? / ~はどうしたのですか

What is the matter with him?
彼はどうしたのですか。

What will become (has become) of ~? / ~はどうなるのか

What will become of Japan?
日本はどうなるのでしょうか。

ウサギ
日本語では「どう」となっていますが、how ではなく what を使っていることに注意です。

Why not ~ ? / なぜ~しないのか (~したらどうですか)

Why not see the doctor?
医者に診てもらったらどうですか。

ウサギ
why not には「提案」以外にも「なぜダメなの」という意味や、

You can’t attend? Why not?
出席できないんですか。なんで

「もちろん」という意味もあります。

Why not? I’d be happy to.
もちろん、喜んで

ネコ
「もちろん」の方は「なぜダメっていうのか」→「ダメっていうわけがない」→「もちろんやるよ」となるんですね。否定だから断っているんじゃないかと、一瞬勘違いしそうだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました