まとめノートは作るべき? ものすごく勉強しているのに、点数が上がらない原因は?

おすすめ勉強方法

テスト前の勉強の様子を見ていると、とても集中して取り組んでいる人がいます。参考書や教科書を横に置き、ノートになにやら一生懸命に書いています。他の人が休憩している時間も、それには加わらず、自分の作業に黙々と取り組んでいます。

周りから見ていると、これだけ勉強を頑張っているのだから、納得いく点数が取れるだろうと思います。本人もテスト勉強をやり切った満足感でいっぱいです。そしてテスト本番です。結果はどうだったのでしょうか。

なんということでしょう。思ったほど点数が取れていないのです。なぜこんなことが起こるのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめノート

テスト勉強をスタートするにあたって、「まとめノート」を作る人がいます。教科書の内容や授業でとったノートを、新しいノートにまとめ直すのです。

見せてもらうと、字も丁寧に書かれてあります。用語ごとにカラーペンで色分けされており、カラフルです。図もわかりやすく、きれいに描かれてあります。

ノートをまとめていると、勉強をした気持ちになります。何時間も机に向かい、たくさんの文字を書くことになります。テスト前にものすごく勉強しているのに、テストで結果を出せない人の多くは、このパターンです。ノートをまとめただけで、テスト勉強が終わっているのです。

まとめノートを作ることは、勉強にならないとは言いません。しかし、効率的な勉強になっていません。

まとめノートは本当にまとまっているの?

きれいにまとめられたノートは、本当にすごいなぁと思います。それをもとに勉強をすれば、とてもはかどりそうです。ですが多くの人は、ノートをきれいにまとめたらそれで満足してしまいます。それをもとに勉強をする人はほとんどいません。

また、きれいにまとめられたノートはすごいと言いましたが、それでも細かく見ていくと、気になる点はあります。大切なポイントを抜かしていたり、逆にそれほど必要のないところを詳しく書いていたり、あるいは字を写し間違えていたり、といろいろ粗が見つかることがあります。

その点で参考書は、多くの人のチェックが入っています。だから参考書には、字や内容の間違いはほとんどありません。大切なポイントも、入試問題などをしっかり分析してまとめられています。そういった点で自分がまとめたノートは、市販の参考書には勝てないでしょう。

まとめノートを作って、それを使って勉強するのではなく、素直に参考書を使って勉強をすればいいのではないでしょうか。

ノートまとめは勉強なの?

ノートをまとめること自体が勉強になっていると、感じる人がいるかもしれません。

確かに書くことによって、頭に残りやすくなります。何度もノートに書いて練習して、覚えるという勉強方法があります。ですが、ノートにまとめるときに書く回数は、当然1回です。書いて覚えるには、1回では少なすぎます。

ノートをまとめること自体は、勉強になっていません。その例として、英語の宿題があります。

英語の教科書の文をノートの左ページに写して、その訳を右ページに書くという宿題がありますよね。英文をノートに写すとき、その内容は頭に入っているでしょうか。内容うんぬんよりも、とりあえず英文を写すこと集中するのではないでしょうか。

とりあえず英文をバーッと写してしまってから、改めて訳をする形になると思います。結局ノートに文字を写しても、その内容は頭に入っていないことがわかりますね。

まとめ

ノートをまとめるのは、大した勉強にはなりません。テスト勉強を始める前にどうしてもまとめたいと思うのなら、教科書や参考書を利用するのがいいです。

大事な用語をマーカーしたり、自分的に気になるポイントを、教科書や参考書に直接書き込んだり、付箋などで付け加えたりすれば、まとめノートを一から作るよりも効率よくまとめることができますよね。

なによりテスト勉強で行うべきは、問題を解くことです。問題を解いて、丸つけをして、間違えた問題は解説を読みます。そして理解できないところは、調べて確認します。その調べるときに使うのが「まとめノート」になるのでしょうが、正直それは教科書や参考書で十分です。

まとめノートを作るのであれば、その時間を使って問題をたくさん解いた方がいいのではなのでしょうか。

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました