中学レベル英語の解説

中学レベル英語の解説

名詞を説明する分詞(分詞の形容詞的用法)にはbe動詞がいらない理由

ing形とくれば「be動詞+~ing」の現在進行形、過去分詞とくれば「be動詞+過去分詞」の受け身を思い浮かべてしまいます。ですが、分詞の形容詞的用法では be動詞は必要ありません。なぜ分子の形容的用法には be動詞が必要ないのかを解説します。
中学レベル英語の解説

分詞を含む文の語順の考え方

「~している…」や「~されている…」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。分詞を含む文の語順は、日本語とはどのように違うのでしょうか。日本語からベースとなる文を見つけて、そこから分詞を含む文の語順を考えるやり方を解説します。
中学レベル英語の解説

現在分詞・過去分詞の位置の見分け方

「~している…」「~されている…」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。現在分詞と過去分詞の形容詞的用法には、その置かれる位置によって「しっぽ型」と「サンドイッチ型」があります。現在分詞・過去分詞の位置の見分け方について解説します。
中学レベル英語の解説

「ずっと~している」の意味になる現在完了の作り方

「ずっと~している」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。また2文を1文にするとき、どちらの文の動詞を使って現在完了にすればよいのでしょうか。今回は「ずっと~している」の意味になる現在完了の作り方と、動詞の見分け方について解説します。
中学レベル英語の解説

have been to と have been in の違い

「ずっと~にいる」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。また「have been to ~」と「have been in ~」の違いは何なのでしょうか。今回は現在完了の have been to と have been in の違いについて解説します。
中学レベル英語の解説

have been でよくあるミス その1

英語で「~に行ったことがある」と経験をいうとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。また「ずっと~にいる」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。今回は現在完了でもよく間違えやすい have been となる形の用法を解説します。
中学レベル英語の解説

継続用法で使う since と for の違いと使い分けの方法

現在完了の継続用法でよく使う単語に since と for があります。since と for は、それぞれどのような意味になるのでしょうか。そしてどのように使い分ければよいのでしょうか。今回は現在完了の継続用法でよく使われる since と for の用法について解説します。
中学レベル英語の解説

ever の用法と ever が疑問文でしか使われない理由

現在完了の経験用法では「ever」という単語がよく使われます。この ever ですが、疑問文でしか使われません。なぜ ever は疑問文でしか使われないのでしょうか。また肯定文で「今までに」と言いたいときはどうすればよいのでしょうか。今回は ever の用法について解説します。
中学レベル英語の解説

現在完了「have+過去分詞)」の訳し方とよく使われる単語

「have+過去分詞」の形で現在完了になります。現在完了にはいくつか用法があり、その用法ごとに訳し方が違います。どの用法のときに、どういった訳をすればよいのでしょうか。現在完了でよく使われる単語と、それを使った現在完了の訳し方について解説します。
中学レベル英語の解説

受け身(受動態)の文の訳し方と受け身なのに「~します」と訳すパターン

受け身の文は「~される」と訳すのが基本です。ですが、「~します」と訳す方が、日本語として自然な場合もあります。受け身の文なのに、どのような時に「~します」と訳せばよいのでしょうか。「~される」と「~します」のどちらで訳せばよいか、受け身の文の訳し方について解説します。
中学レベル英語の解説

受け身の文の作り方を丸暗記するのは良くない理由

受け身の文の作り方には手順があります。それはどのようなものなのでしょうか。またその手順に当てはまらないパターンとはどのようなものなのでしょうか。受け身の文を作るときの手順と、書きかえ問題で間違えやすいパターンについて解説します。
中学レベル英語の解説

make は「作る」以外に「させる」もある

make は「作る」という意味になります。ですがそれ以外にも意味はあります。make の「作る」以外の意味はどういう意味になるのでしょうか。またどのようにしてそれを見分ければよいのでしょうか。今回は、第5文型をとる「make A B」の用法について解説します。
タイトルとURLをコピーしました