現在分詞・過去分詞の位置の見分け方

現在分詞・過去分詞の位置中学レベル英語の解説

「~している…」「~されている…」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。現在分詞と過去分詞の形容詞的用法には、その置かれる位置によって「しっぽ型」と「サンドイッチ型」があります。現在分詞・過去分詞の位置の見分け方について解説します。

スポンサーリンク

現在分詞・しっぽ型

問題次の日本文に合う英文になるように、(   )内の語(句)を並びかえ、記号で答えなさい。

(1) これは英語で書かれている本です。
This ( ア. a book / イ. written / ウ. is / エ. in English).

ネコ
こうかなぁ。

This is written a book in English.

ウサギ
違います。「be動詞+過去分詞」の「受け身」にしちゃったんですね。気持ちはわからないでもないけど、間違いです。

ネコ
はい……でも、過去分詞と言ったら「be動詞+過去分詞」か「have+過去分詞」のどちらかなんじゃないのですか?

ウサギ
それ以外にも分詞を形容詞っぽく使う用法があるんです。

a beautiful window
美しい窓
a broken window
壊された窓

ネコ
ふむふむ。形容詞の beautiful と、過去分詞の broken が同じように使われているね。それで、さっきの問題はどう考えたらいいのですか?

ウサギ
まず問題文のこの部分で英文を作ってみましょう。

(1) これは本です。

ネコ
そんなの簡単だ。

(1) This is a book.

ウサギ
次は問題文のこの部分で英文を作ってみましょう。

(1) 英語で書かれている

ネコ
えーっと……

(1) written in English

ウサギ
で、それらを組み合わせるんだけど、そのときの位置に注意ですよ。

現在分詞や過去分詞をくっつけるときの位置

単独で名詞にくっつけるときは、その名詞の前につける。複数語まとめて名詞にくっつけるときは、その名詞の後につける。

ネコ
今回は written in English と複数語なので、修飾する名詞の「後ろ」につけたらいいんですね。

これは英語で書かれている本です。
This is a book written in English.

ウサギ
はい、正解です。

現在分詞・サンドイッチ型

問題次の日本文に合う英文になるように、(   )内の語(句)を並びかえ、記号で答えなさい。

(2) 昼食を食べているあの少年は私の弟です。
( ア. eating / イ. the boy / ウ. lunch / エ. is ) my brother.

ネコ
こうかなぁ。

That boy is eating lunch is my brother.

ウサギ
違います。

「be動詞+現在分詞」の「進行形」にしちゃったんですね。気持ちはわからないでもないけど、間違いです。

そもそも is を2回も使ってるじゃないですか。並び替え問題は単語の数を必ずチェックしておこう。

ネコ
はい……でも、現在分詞と言ったら「be動詞+現在分詞」なんじゃないのですか?

ウサギ
これもさっきと同じで、現在分詞を形容詞っぽく使う用法があるんです。

ネコ
そうなんだ。で、どうやるんでしたっけ?

ウサギ
まず問題文のこの部分で英文を作ってみましょう。

(2) あの少年は私の弟です。

ネコ
そんなの簡単だ。

(2) That boy is my brother.

ウサギ
次は問題文のこの部分で英文を作ってみましょう。

(2) 昼食を食べている

ネコ
えーっと……

(2) eating lunch

で、これをくっつけたらいいんですね。

That boy is my brother eating lunch.

ウサギ
違います。「昼食を食べている」→「あの少年」ですから、eating lunch は that boy を修飾しています。

分詞はその修飾している語の直後にくっつけます。

ネコ
ふむふむ。じゃあ、こうですね。

(2) 昼食を食べているあの少年は私の弟です。
That boy eating lunch is my brother.

ウサギ
はい、正解です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました