完了

高校レベル英文法・長文の解説

現在完了とともに使えない語句

問題(   ) 内に適する語を入れなさい。 Tom (   ) home just now. 1. comes / 2. came / 3. has come / 4. had come now があるので現在形の 1. come...
中学レベル英文法・長文の解説

「(ずっと)~している」の意味になる現在完了の作り方

問題ほぼ同じ意味の1文になるように(   )に適する語を書きなさい。 問1 Ken wanted the game last month. And he still wants the game now. Ken (   ) (   ...
中学レベル英文法・長文の解説

have been でよくあるミス その2

問題次の文を現在完了を使って1つの文にしなさい。 Takeshi went to Australia three days ago. He is still in Australia. Takeshi has gone to Aus...
中学レベル英文法・長文の解説

have been でよくあるミス その1

現在完了でミスしやすいのは「~に行ったことがある」という経験をあらわす表現です。この問題をやってみましょう。 have been to と have gone to 問題次の日本語を英語にしなさい。 「私は東京に行ったことがある」...
中学レベル英文法・長文の解説

since と for の違いと使い分け

「ずっと~している」と言いたいときは、『現在完了』というものを使います。現在完了の形は『have+過去分詞』で、もちろん主語が三人称単数なら has を使います。 え? 「~している」は『現在進行形』じゃないのですか? ...
中学レベル英文法・長文の解説

ever はなぜ疑問文のみなのですか?

【経験用法でよく使う単語】 ever / 今までに、never / 一度も~ない、before / 以前に、once / 一回、twice / 二回、three times / 三回 問題(  ) 内から適する語を選びなさい。 Tom...
中学レベル英文法・長文の解説

現在完了 (have+過去分詞) の訳し方

現在完了の形は「have + 過去分詞」です。主語が3人称・単数のときは 「has+過去分詞」になります。その意味は用法によって違い、次のようになります。 現在完了の用法ごとの意味の違い 継続用法 →「ずっと~です / ~にいます」...
中学レベル英文法・長文の解説

have been to と have gone to の意味の違いと使い分け

問題次の日本語を英語にしなさい。 「私は東京に行ったことがあります」 「行ったことがある」ということは、「行った」という経験があるということですね。ということは現在完了を使えばいいんですね。 「I have gone to T...
中学レベル英文法・長文の解説

現在完了の経験用法とは

現在完了の経験用法ってどんな用法なのですか? 過去の出来事が、今現在、経験として残っているのをあらわすことを「経験用法」というんですよ。「have+過去分詞」で「~したことがある」という意味になります。 現在完了の経験用法で...
中学レベル英文法・長文の解説

現在完了の継続用法とは

現在完了の継続用法はどんな用法? 過去に起こった動作や状態が、現在まで続いていることをあらわす用法を、「継続用法」というんですよ。「have+過去分詞」で「(ずっと)~している」という意味になります。 現在完了の継続用法でよ...
中学レベル英文法・長文の解説

現在完了の完了用法とは

完了用法 現在完了の完了用法ってどんなのですか? 過去のあるときにはじまった動作が、完了したことをあらわす用法を「完了用法」といいます。「have+過去分詞」で「~したところです」「~してしまった」の意味になります。 ...
中学レベル英文法・長文の解説

現在完了とは

現在完了にはいろいろ用法があるんですよね。 現在完了は「have (has)+過去分詞」という形で表されます。それには「完了 / 継続 / 経験」の三つの用法があるんですよ。 現在完了の用法 完了 / ~したところだ。~し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました