名詞の種類を5つに分類。使い方や用法を例文で確認しよう

名詞の種類高校レベル英語の解説

ネコ
名詞にはどういう種類があるのですか。

ウサギ
「普通名詞」「集合名詞」「物質名詞」「抽象名詞」「固有名詞」という分類がありますね。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。

普通名詞

はっきりとした目に見える形を持っていて、同じ種類の物に共通の名前を表します。

desk / pen / apple / book … など

ネコ
これはいわゆる普通の名詞ですね。

集合名詞

ウサギ
2つ目は集合名詞です。

同じ種類の人や物が、まとまってできるものを表します。数えられる物と数えられない物があります。

たとえば family という単語の場合ですが、一家族を1つのまとまりとして考えるときは、数えられる名詞として扱います。家族の構成員1人1人を指すときは、形は単数でも複数扱いをします。

There are about 100 families in this town.
この町には100家族がいます。(まとまりとして考える)
My family are early risers.
私の家族は早起きです。(1人1人を指す)

ネコ
家族をどう見るのかによって、複数形になるかならないかが決まるんですね。

ウサギ
police の場合は、常に単数形で「複数扱い」をします。furniture の場合は、常に単数形で「単数扱い」になります。

The police have caught him.
警察は彼を捕まえた。
Some furniture is broken.
いくつかの家具は壊れています。

ネコ
police は複数扱いなので「has」ではなく「have」になっているんですね。そして、furniture は単数扱いなので、be動詞が「is」になっているんですね。

そういえば、「警察」はチームで行動するから、形は常に単数形になるけど、複数扱いって聞いたことがあるよ。

物質名詞

ウサギ
3つ目は物質名詞です。

一定の形のない物質の名称を表します。物質は一定の形を持たないので、入れ物の数や単位によって数量を表します。物質名詞の量の多少をあらわすには、little / some / any / a lot of / much などを使います。many / few は使いません。

I want a glass of water.
水を1杯欲しいです。
There is little water in this pool.
このプールには少ししか水がない。

ネコ
a piece of paper / a slice of bread / a cup of tea / a spoonful of sugar … など、いろいろな言い方があるね。

抽象名詞

ウサギ
4つ目は抽象名詞です。

目で見ることができない抽象的な概念をあらわす名詞を、抽象名詞といいます。数えられない名詞になります。

homework / 宿題、information / 情報、advice / アドバイス、weather / 天気 … など

ネコ
なるほど。数えられない名詞の扱いは、前回「名詞の用法」でやりましたね。

名詞の用法、形容詞的用法と副詞的用法とは
名詞の用法 名詞は文の主要素として、主語・補語・目的語になります。また前置詞の目的語にもなります。 This book is interesting.(主語) He is a student.(補語) I play baseba...

固有名詞

ウサギ
最後は固有名詞です。

個人の名前や場所などの固有の名前を、固有名詞といいます。大文字で始めることが特徴です。世界に1つしかないので a / an もつかないですし、複数形にもなりません。

America / Mt. Fuji / Kinkakuji / Mr. Brown / the Pacific Ocean … など

ネコ
a や an はつかないけれど、the をつけるパターンはあるんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました