天候・寒暖・時間・距離をあらわす it の文の訳し方

この記事は約2分で読めます。
問題次の文を日本語訳しなさい。
It is raining when she got up in the morning.

ネコ
「彼女が今朝起きたとき、それは走っていた」

ウサギ
??? 「それが走っていた」……「それ」って何ですか?

ネコ
うーん……お化け的なもの……

ウサギ
そもそも raining だけども running と違うよ。rain は「雨が降る」で、run は「走る」ですよね。

ネコ
あぁ……本当だ。見間違えていました。

ウサギ
あとは、it の訳し方ですね。天候・寒暖・時間・距離をあらわす it の文は、訳し方に注意です。

天候・寒暖・時間・距離の文の訳し方

天候・寒暖・時間・距離などをあらわすとき、主語に it を使います。そのときの it は「それは」と訳しません。
It is cloudy today.
今日は曇っています。(天候)
It is hot today.
今日は暑いです。(寒暖)
It is ten thirty now.
今、十時半です。(時間)
It takes about two hours from Osaka to Tokyo.
大阪から東京まで約2時間かかります。(時間)
It is three kilometers from here to the station.
ここから駅まで三キロメートルあります。(距離)

ネコ
it を訳さないってことは、こう訳せばいいんですね。

It is raining when she got up in the morning.
「彼女が今朝起きたとき、雨が降っていた」

ウサギ
それで正解です。天候・寒暖・時間・距離をあらわす it の文は、it を「それは」と訳したらダメだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました