数と量で使い分ける語 many / much / few / little の使い分け

数と量で使い分ける語中学レベル英語の解説

漠然とした数や量をあらわす語には「many / much / few / little」があります。「many / much / few / little」はそれぞれどのような意味があるのでしょうか。そしてそれらはどのようにして、使い分ければよいのでしょうか。「many / much / few / little」の使い分け方を解説します。

スポンサーリンク

漠然とした数や量をあらわす語

ネコ
「たくさんの」という言い方がたくさんあるよね。どうやって使い分けるのですか?

ウサギ
漠然とした数や量をあらわす語には次のようなものがあります。

数をあらわす形容詞は、数えられる名詞につきます。量をあらわす形容詞は、数えられない名詞につきます。
意味数をあらわす量をあらわす
たくさんのmanymuch
いくらかのsome (any)some (any)
少しはあるa fewa little
少ししかないfewlittle

「たくさんの~」をあらわす単語の使い分け

ネコ
「たくさんの」には a lot of ~ / lots of ~ という言い方もあるよね。これはどうなるのですか?

ウサギ
a lot of ~ / lots of ~ は、数えられない名詞、数えられる名詞の、両方に用いることができるよ。lots of ~ の方がより口語的ですね。

また、肯定文では a lot of を使って、疑問文・否定文では many / much を使うことが多いそうです。意識できるなら、そういうところにも気をつけられたらいいですね。

まぁ、分からなければ、問題を見て、( )の数で使い分けたらいいんじゃないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました