準否定とは 使い方を例文で確認しよう。

準否定高校レベル英語の解説
スポンサーリンク

準否定

ウサギ
「準否定」とは、完全な否定ではなくて、頻度・程度・数量などが少ないことを否定的にあらわす表現です。次のような語がありますよ。使い方を例文で確認しましょう。

頻度に関する準否定をあらわす語

seldom / rarely 「めったに~ない」

He rarely gives up.
彼はめったにあきらめない。

程度に関する準否定をあらわす語

hardly / scarcely 「ほとんど~ない」

She can hardly speak English.
私はほとんど英語を話せない。

数量に関する準否定をあらわす語

few「(数について) ほとんど~ない」 / little 「(量について) ほとんど~ない」

I have few friends.
私はほとんど友達がいません。
I have little money now.
私は今、ほとんどお金を持っていません。

ネコ
a few や a little というように a がつくと、「少しは~ある」と肯定的な意味になるんですよね。実際の「数量」は変わらないけれど、気持ちの持ちようで言い方が変わりますね。

I have a few friends.
私は少し友達がいます。
I have a little money now.
私は今、少しお金を持っています。

準否定語の置かれる場所

ウサギ
準否定語が置かれる場所にも確認しましょう。

頻度と程度に関する準否定をあらわす語は「副詞」です。場所はこうなります。

頻度と程度に関する準否定をあらわす語は、一般動詞の前、be動詞の後、助動詞の後に置きます。

ネコ
頻度と程度に関する準否定の入る位置は、don’t や not の入る位置と考えると、わかりやすいですね。

ウサギ
数量に関する準否定をあらわす語は「形容詞」です。だから、場所はこうなります。

数量に関する準否定をあらわす語は、名詞の前に置かれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました