否定

高校レベル英文法・長文の解説

否定の節の代用をする not の使い方を例文で確認しよう

I hope not. という英文があったのですが、それって文法として間違ってるんじゃないですか? I don't hope. ならまだわかるんですけれど。 いいえ、それは否定語含む従属節の代用を、not でしているんです。否...
高校レベル英文法・長文の解説

従属節を否定する語・否定の繰り上げが起こらない語

否定の繰り上げ 英語と言うのは that 節の動詞を否定にするより、主節の動詞を否定する方が自然なのです。これを難しい言い方で「否定の繰り上げ」と言います。たとえば、こういうものです。 I don't think that he w...
高校レベル英文法・長文の解説

否定の慣用表現を例文で確認しよう

否定を含む慣用表現では、次のものが重要です。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。 cannot help ~ing , cannot but+動詞の原形 / ~せずにはいられない I couldn't help laugh...
高校レベル英文法・長文の解説

否定語のない否定文を例文で確認しよう

文中に否定語がないのにもかかわらず、否定の意味をあらわす表現があります。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。 anything but ~ , far from (being) ~ / 決して~ではない。 He is an...
高校レベル英文法・長文の解説

二重否定の考え方を例文で確認しよう

二重否定とは、1つの文で否定語を2つ使うことによって、肯定の意味を強める用法のことです。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう 二重否定 Nothing is impossible to a willing heart. や...
高校レベル英文法・長文の解説

not ~ both と not ~ either の違いとその考え方

「全部~でない」という否定文を、「全体否定」と言って、それに対して「全部~とは限らない」という否定文を、「部分否定」と言います。 部分否定の not ~ both と 全体否定の not ~ either の違いがよくわからな...
高校レベル英文法・長文の解説

準否定とは 使い方を例文で確認しよう。

準否定 「準否定」とは、完全な否定ではなくて、頻度・程度・数量などが少ないことを否定的にあらわす表現です。次のような語がありますよ。使い方を例文で確認しましょう。 頻度に関する準否定をあらわす語 seldom / rarely 「...
高校レベル英文法・長文の解説

否定語 not / never / no / neither / nor の用法を例文で確認しよう

否定語って「~ない」をあらわす語のことですか。どういうものがあるんですか。 いろいろありますよ。今回は not / never / no / neither / nor について、それぞれ例文を使いながら確認していきましょう ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました