二重否定の考え方を例文で確認しよう

この記事は約1分で読めます。

ウサギ
二重否定とは、1つの文で否定語を2つ使うことによって、肯定の意味を強める用法のことです。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう

二重否定

Nothing is impossible to a willing heart.
やる気があれば、不可能なことはない。
=やる気があれば何でもできる
I can’t read the book without crying.
私はその本を、泣かずには読めない
=私はその本を読むと必ず泣く。

ネコ
なるほど、敵の敵は味方みたいなものですね。

ウサギ
こんな表現もありますよ。

no doubt / 疑いなく・きっと

No doubt he will pass the examination.
おそらく彼は試験にパスするだろう。

ネコ
「彼が試験にパスするのは疑いがない」という二重否定になっているんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました