動詞をどちらの主語に合わせるか

この記事は約2分で読めます。
問題(  ) に当てはまるものを次の1~3から選べ。
(  ) was happy over the victory.
1. Either the coach or the players / 2. Not only the players but also the
coach / 3. The players as well as the coach

ネコ
(  ) の後ろが was になっていますね。ということは主語は「単数扱い」のものになるはずですね。あれ? 全部の選択肢に players と複数形の名詞があるから、どれも選べないよ。

ウサギ
そういうことではないのです。これは the coach という単数名詞と、the players という複数名詞のどちらに、動詞をあわせるのかという問題なのです。

ネコ
なるほど。とはいえ、それもわかりません。

ウサギ
では、動詞をどちらの主語に合わせるかを、確認していきましょう。

Not only A but also B / AだけでなくBも →「動詞はBに合わせる」
A as well as B / BだけでなくAも →「動詞はAに合わせる」
Either A or B / AかBのどちらか →「動詞は (基本的に) Bに合わせる」
Neither A nor B / AもBもどちらも~ない →「動詞は (基本的に) Bに合わせる」
Both A and B / AとBの両方 →「複数扱い」

ネコ
ということは、2. Not only the players but also the coach が正解ですね。
「選手だけでなく、コーチもその勝利に喜んだ」ですから、動詞は「コーチ」に合わせるべきですね。意味をしっかりとらえたら、わかりますね。

スポンサーリンク
高校レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました