「結婚する」の表し方 marry の用法・語法

この記事は約2分で読めます。
問題次の各文の(   )に入る最も適当なものを ア~エ の中から1つ選びなさい。
We were to (   ) in May but had to postpone the marriage until June.
ア. married / イ. be married / ウ. have marriage / エ. be marrying

ネコ
be to ~ の分だから「予定」をあらわしているね。「私たちは5月に結婚する予定だったのですが、6月まで結婚を延期しなくてはならなかった」という意味になるのかな?

ウサギ
そうですね。でもこの文の場合は、be動詞 =「状態である」、to =「~に向かって」から、「5月の結婚に向かっている状態だった」と考える方が実践的かも知れないね。

ネコ
で、答えは…どれもそれっぽいなぁ…

ウサギ
まず、marry は他動詞です。だから後ろに目的語をとります。

Tom married Mary.
トムはメアリーと結婚しました。

問題文の (  ) の後ろには、目的語がありません。なので、「ア」「エ」を消去することができます。

また、be married で「結婚をしている」状態をあらわします。なので、We were to (be married) in May で、「5月に、結婚している」予定だった、となります。正解は「イ」です。

ついでに be married to ~ で「~と結婚している」状態を表します。get married to ~ で「~と結婚する」という表現もあります。

Mary is married to Tom.
メアリーはトムと結婚しています。
Mary got married to Tom.
メアリーはトムと結婚した。

「結婚する」関係で、覚えておくのは、上記の例の3パターンですね。
be married by や be married with なんて言い方はしないので、注意しましょう。

ネコ
へぇ~。ところで、We married in May. として、「私たちは5月に結婚します」と動作をあらわす自動詞の用法はないのですか?

ウサギ
もし、「私たちは5月に結婚します」と言いたいなら、We got married in May. と、be動詞の代わりに [get] を使います。marrry に、自動詞の用法はあるのですが、あまり使われないようなので、ひとまず放っておいた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク
高校レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました