関係代名詞で that を必ず使うのはどういう時か

関係代名詞で that を必ず使う時中学レベル英語の解説
この記事は約2分で読めます。

関係代名詞には that を使う用法があります。関係代名詞 that は主格も目的格も同じ形で、先行詞が「人」「動物・物」にかかわらず用いることができますが、必ず that を使わなければいけないときもあります。関係代名詞で that を必ず使うのはどういう時なのかを解説します。

スポンサーリンク

関係代名詞の that

ネコ
that にも、関係代名詞としての用法があるって、きいたんだけど…

ウサギ
関係代名詞 that は主格も目的格も同じ形で、先行詞が「人」「動物・物」にかかわらず用いることができるんですよ。

ネコ
それは便利ですね。関係代名詞 that で気をつけることは何ですか?

ウサギ
次のような場合は、必ず関係代名詞 that を用いるんですよ。

関係代名詞 that を必ず使う時

・先行詞に形容詞の最上級が付いている。
・先行詞に only / same などが付いている。
・先行詞が all / something など。
・先行詞が「人+動物 / 物」と2種類以上にまたがっている。
・疑問詞の who / which が用いられているとき。

ネコ
そういえば、関係代名詞の that には、所有格の用法がないよね。

ウサギ
というか、人でも動物・物でも whose を使うんだから、関係代名詞の that の所有格は必要ないですよね。あと that は物扱いのニュアンスが出てしまうので、上記のパターン以外では人に対してはあまり使われないそうです。

ネコ
そうなんだ。迷ったら that にしようと思っていたけど、ちょっと考え直さないといけないかもなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました