関係代名詞とは

関係代名詞とは中学レベル英語の解説

文と文をつなぐ「接続詞」の働きと、文中の前の名詞を受ける「代名詞」の働きをするものを「関係代名詞」といいます。「関係代名詞」にはどういうものがあるのでしょうか。また関係代名詞と分詞の形容詞的用法との書きかえについても解説します。

スポンサーリンク

関係代名詞とは 先行詞とは

ネコ
関係代名詞とは、そもそも何なのですか? あと、先行詞という言葉もよくわからないです。

ウサギ
関係代名詞とは、こういうものです。

関係代名詞とは、文と文をつなぐ「接続詞」の働きと、文中の前の名詞を受ける「代名詞」の働きをします。その時、前にある名詞を「先行詞」と言います。そして、関係代名詞節は形容詞の働きをし、先行詞の直後に置かれます。
Taro is a boy who is running over there.
太郎は向こうを走っている少年です。
This is the window which was broken by Taro.
これが太郎によって壊された窓です。

ネコ
なんか英文が長くて難しそうですね。

ウサギ
関係代名詞の文は、分詞の形容詞的用法との書きかえ問題がよく出題されます。

Taro is a boy running over there.
太郎は向こうを走っている少年です。
This is the window broken by Taro.
これは太郎によって壊されたた窓です。

ネコ
関係代名詞と be動詞をなくすと、分詞を使った文になりましたね。

関係代名詞の種類

ウサギ
関係代名詞は、先行詞や内容によって変化します。その種類は以下のようになります。

人を先行詞にする関係代名詞

主格所有格目的格
who / thatwhosewhom

動物・物を先行詞にする関係代名詞

主格所有格目的格
which / thatwhosethat / which

ネコ
六つ中三つのマスに that があるなぁ。関係代名詞の問題で迷ったら that だな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました