名詞を修飾する文 (接触節・後置修飾) の作り方

名詞を修飾する文、接触節・後置修飾中学レベル英語の解説
この記事は約2分で読めます。

「私が買った本」という表現は、英語でどういうのでしょうか。また名詞を修飾する文と関係代名詞の文にはどういう共通点があるのでしょうか。「名詞+主語+動詞」の形で「…が~する…」をあらわす名詞を修飾する文(接触節・後置修飾)の文を解説します。

スポンサーリンク

名詞を修飾する文の作り方

ネコ
「接触節」という言葉を聞いたのですが、これは何ですか?

ウサギ
「接触節」は、「名詞を修飾する文」として、今は習っているようですね。このような文です。

This is the book I bought yesterday.
これは私が昨日買った本です。

ネコ
あれ? 関係代名詞を習ったときに、同じような文を練習したような気がします。

ウサギ
そうです。これは目的格の関係代名詞を、省略した形なのです。

This is the book which (that) I bought yesterday.
= This is the book I bought yesterday.
関係代名詞の目的格は、省略することがよくある。英文中に「名詞 → 主語 → 動詞」の形があれば、名詞と主語の間に、関係代名詞が省略されている可能性を考えよう。

ネコ
関係代名詞が省略された文は、文中に動詞が2つあるので、慣れないうちは違和感があるかもしれないね。

ウサギ
それと、これは「後置修飾」と言って、後ろから名詞を修飾しています。日本語と語順が逆ですね。その点でも違和感を感じるかもしれません。ですが、何回も何回も口に出して練習していくと、そのうちに慣れてきますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました