of がある文の訳し方、前から訳すか後ろから訳すか

中学レベル英語の解説

of の文章は、後ろから訳すと意味が取りやすいことが多いです。ですが、中には of の前から訳したほうがいい場合もあります。前と後ろのどちらから訳せばいいのでしょうか。それを見分ける方法を解説します。

スポンサーリンク

of は後ろから訳すのが基本

問題次の英文を日本語にしましょう。
Sumo is the national sport of Japan.
It’s a kind of wrestling.

ウサギ
of は、日本語で「の」の意味です。訳し方はこう考えるといいですよ。

of の訳し方

of 」の場合、後ろから「 」と訳すと、意味がとりやすい。

ネコ
ということは、こうなりますね。

Sumo is the national sport of Japan.
相撲は「日本 国民的なスポーツ」です。
It’s a kind of wrestling
それは「レスリング 一種」です。

ウサギ
正解です。では次の問題です。

前からでも訳せるパターン

問題次の日本語を英語にしましょう。
それは一種のスポーツです。

ネコ
えっと、「一種」の「スポーツ」ですね。後ろから訳しているのだから、こうかな。

It’s sport of a kind.

ウサギ
違いますよ。「一種のスポーツ」というのは「スポーツの一種」ってことです。先ほどやりましたよね。だから、正解はこうなります。

It’s a kind of sport.
それは「一種スポーツ」です。
それは「スポーツ一種」です。

ネコ
この場合は、of の前からでも、後ろからでも、どちらからでも訳せますね。でも英語は絶対に、「kind of ~」の語順になるんですね。

ウサギ
そうです、英語は語順に厳しいですが、日本語は語順に関しては寛容ですね。

前から訳すべきパターン

問題次の英文を日本語にしましょう。
There are many kinds of yunomi.
Some of them are really beautiful.

ネコ
There are many kinds of yunomi.
「湯呑の多くの種類があります」……???

Some of them are really beautiful.
「いくつかのそれらは、本当に美しいです」……???

ウサギ
あぁ、もう完全に混乱してしまいましたね。「many kind of yunomi」は、前から訳したほうがいいですね。正しい訳はこうなります。

There are many kinds of yunomi.
多くの種類湯呑」があります。

それに対して「some of them」は、後ろから訳したほうがいいです。

Some of them are really beautiful.
それらのうちいくつか」は、本当に美しいです。

「some of ~」は、普通は前から訳してもいいのですが、今回は of の後ろが代名詞なので、後ろから訳した方がいいですね。

ネコ
結局 of を前から訳したり、後ろから訳したりしていますよね。何か法則はないんですか?

ウサギ
そうですね。of は「後ろから訳す」のが基本です。でも「数」的なものが前にあるときは、「前から訳す」ことを考えたらいいと思いますよ。

of がある文の訳のパターン

・What’s the purpose of your visit ?
「あなたの訪問の目的は何ですか」
※ 後ろから訳す
・This is a kind of food.
「これは食べ物の一種です」
「これは一種 (ある種) の食べ物です」
※ 前から、後ろからのどちらもある
・Many kinds of birds live in Japan.
「多くの種類の鳥が日本に住んでいます」
※ 前から訳す
・Some of the luggage has not arrived yet.
「荷物のうちのいくつかが届いていない」
「いくつかの荷物がまだ届いていない」
※ 前から、後ろからのどちらもある

まぁ、こんなことを考えるのは最初のうちだけで、慣れてきたら雰囲気で意味が分かってくるようになります。たくさん練習することですね。

ネコ
はい、わかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました