不定詞の名詞的用法の意味の覚え方

不定詞の名詞的用法はニコイチで覚える中学レベル英語の解説

不定詞の名詞的用法は「to+動詞の原形」で「~すること」という意味になります。不定詞の名詞的用法は、そのまま訳すと日本語として不自然になることがありますので、工夫して訳すと良いです。どのようにして訳すと自然な日本語になるのかを解説します。

スポンサーリンク

want to ~の用法

「want to+動詞の原形」で「~したい」という意味になる。
「want to read ~」で「~を読みたい」、「want to buy ~」で「~を買いたい」となる。
問題(   )に適する語を書きなさい。
「私は英語を勉強したい」
I (   ) (   ) (   ) English.

ネコ
かんたんですね。

I want to study English.
私は英語をべんきょうしたい

ウサギ
はい、正解です。では、不定詞の名詞的用法というものを見ていきますね。

不定詞の名詞的用法

不定詞の名詞的用法の意味:「~すること」

ネコ
ええーっ。前回の副詞的用法では「to+動詞の原形」で「~するために」って言ったのに~。そんな2つも意味を覚えられないよ~。

ウサギ
心配しなくて、大丈夫ですよ。

たとえば「like to read ~」で「~を読むことが好き」、「want to read ~」で「~を読むことを欲する」という意味ですね。

ネコ
「want to ~」って最初に出てきたやつですよね。「読むことを欲する → 読みたい」……ああ、そうか「読むことが好き → 読むのが好き」

ウサギ
「want to+動詞の原形」で「~したい」と同じように「like to+動詞の原形」で「~するのが好き」と考えればいいね。同じく「hope to+動詞の原形」で「~することを願う / ~できたらいいなと思う」も仲間です。

want to ~「~したい」、like to ~「~するのが好き」、hope to ~「~できたらいいなと思う」というように、不定詞の名詞的用法は「動詞+to」でニコイチとして覚えるといい。

ネコ
ふむふむ、「want to ~」「like to ~」「hope to ~」かぁ……うん、大丈夫だ!

問題次の日本文に合う英文になるように並びかえなさい。
1. 私は英語を話すのが好きです
( speak / to / I / English / like / . )
2. 私はカナダに住めたらいいなと思います
( I / in / hope / live / Canada / to / . )

ネコ
こうですね。

「1」  I like to speak English.
私は英語を話すのが好きです。
「2」  I hope to live in Canada.
私はカナダに住めたらいいなぁと思う

ウサギ
はい、正解です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました