be going to+動詞の原形 の意味と疑問文・否定文の作り方

be going to+動詞の原形の意味と疑問文、否定文の作り方中学レベル英語の解説

「~するつもりです」と、あらかじめするつもりで準備を進めていることを言うときは、「be going to+動詞の原形」となります。この「be going to+動詞の原形」の用法や疑問文・否定文の作り方、またよくある間違いや、注意すべき点、will との違いについて解説します。

スポンサーリンク

be going to+動詞の原形の意味

「~するつもりです」と、あらかじめするつもりで準備を進めていることを言うときは、「be going to+動詞の原形」となります。

ウサギ
たとえば「I play tennis on Sundays. / 私は毎週日曜日に、テニスをします」という現在の文があります。これを「~するつもりです」の文にするには、こうします。

I am going to play tennis next week.
私は来週、テニスをするつもりです。

このように、「be going to」を「動詞の原形」の前に入れます。もちろん「be」というのは be動詞のことなので、主語によって「am / are / is」を使い分けようね。

そしてその疑問文・否定文は「be動詞の文」と同じですので、be動詞を主語の前に出して「疑問文」を作ったり、be動詞の後ろに not を入れて「否定文」を作ります。

では問題をやってみましょう。

be going to は進行形ではない!

問題「~するつもりです」という文に書きかえなさい
We play soccer after school.

ネコ
こうかなぁ。

We are playing soccer after school.

ウサギ
違う! それは「現在進行形」です! 進行形は「be +~ing ] で「~しています」で、「何かをやっている最中」なのを表します。今回の問題は「~するつもりです」という未来の話なので、進行形とは別物ですよ。

「~するつもりです」のときは、「be going to」を、まとめて動詞の前に放り込むだけです。

ネコ
そうかぁ、じゃ、こうですね。

We are going to play soccer after school.
私たちは放課後にサッカーをするつもりです。

ウサギ
それで正解です。では次の問題をやってみましょう。

be going to の go は「行く」?

問題私はユミと買い物に行くつもりです。
( Yumi / to / with / shopping / I’m / go / going / . )

ネコ
こうかなぁ。

I’m going to shopping with Yumi.

ウサギ
ん? 何か忘れていない? 並び替え問題は必ず最後に単語の数を確かめておきましょう。

ネコ
あ、go を忘れていました。でも「行く」だったら going を使いましたよ。

ウサギ
「be going to」の going は「行く」の go とは別物なんですよ。「be going to」は3語ひとまとめで「~するつもりです」って意味だから、それとは別に「行く」の go を入れないと「行くつもりです」にはならないよ。

ネコ
そうなんだ。ということはこうですね。

I’m going to go shopping with Yumi.
私はユミと買い物に行くつもりです

ウサギ
それで正解です。「be going to」を3語で1語と考えてしまうことがポイントかな? では次の問題をやってみましょう。

be going to の文の疑問文の作り方

問題「~するつもりですか」という文に書きかえなさい
Do you help her?

ネコ
こうかなぁ。

Do you are going to help her?

ウサギ
残念! 違うね。現在の文から「~するつもりです」の文への書きかえ問題で、疑問文の場合は少しうっかりしやすいです。

慣れないうちは、疑問文を肯定文 (普通の文) に変えてからする方が確実。

ネコ
こうですね。

Do you help her?
→ You help her. (肯定文にする)
→ You are going to help her. (be going to の文にする)
→ Are you going to help her? (疑問文にする)

ウサギ
それで正解です。では次は否定文の問題です。

be going to の文の否定文の作り方

問題「~するつもりはありません」という文に書きかえなさい
I don’t help her.

ネコ
こうかなぁ。

I don’t going to help her.

ウサギ
違うよ。さっきと同じような間違いになっています。現在の文から「~するつもりです」の文への書きかえ問題で、否定文の場合も、手順に気をつけよう。

慣れないうちは、否定文を肯定文 (普通の文) に変えてからする方が確実。

ネコ
こうですね。

I don’t help her.
→ I help her. (肯定文にする)
→ I am going to help her. (be going to の文にする)
→ I am not going to help her? (否定文にする)

ウサギ
それで正解です。「be going to」を3語で1語と考えると言ったけど、結局は be動詞の文であることを忘れちゃいけないってことですね。

「be going to+動詞の原形」の本当の意味と will との違い

ウサギ
ここからは応用編です。余裕がある人だけ見てください。

「be going to」の going は「行く」の go とは別物なんですよ。
「be going to」は3語一まとめで「~するつもりです」って意味です。

と、言いましたが、実は「be going to」の going と「行く」の go は同じもので、「be going to +動詞の原形」は見たまんま「go to 不定詞」 の進行形なのです。

ただ、go は単に「目的地に向かって移動する」という動作の意味から派生し、「(~の状態)になる」という意味もあることに注意。

たとえば I am going to play tennis. という文なら、「to play tennis」の状態に「am going /今、なっている最中です」なので、こうなります。

「テニスをするという状態に向かっています」

「テニスをすることになっています」

「テニスをするつもりです」

書きかえ問題でよく出る be going to と will ですが、その違いは次のように言われています。

be going to と will の違い

be going to → 発話する前から計画していた時
will → 発話のそのときにやると決めた時

will に関しては「未来の助動詞 will」で確認するといいです。

未来の助動詞 will の用法と be going to の文
「~するつもりです」や「~するでしょう」と未来のこというとき、英語でどういうのでしょうか。また否定文にするときに、注意すべきポイントがあります。助動詞の will を使った文の作り方と be going to との関係について解説します。

be going to については、「進行形で、いまその状態に向かっている最中である」という意味から考えると、発話の瞬間にやるときめたときに使うのではなく、前々からやると決めていたときに使うと分かりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました