can / may / must の使い分け

can / may / must の意味のかぶり方中学レベル英語の解説

助動詞の「can / may / must」はもちろん別々の単語ですが、日本語に訳したとき、同じ言葉を使って訳すことがあります。「can / may / must」はどのようにして使い分ければよいのでしょうか。「can / may / must」の使い分けについて解説します。

スポンサーリンク

can / may / must の意味

【can】「~することができる」「~してもよい」
否定形:「~できない」「~してはいけない」
【may】「~してもよい」「~かもしれない」
否定形:「~してはいけない」「~でないかもしれない」
【must】「~しなければならない」「~にちがいない」
否定形:「~してはいけない」

ネコ
??? なんで違う単語なのに同じ意味があるんですか? というか、どうやって使い分けるのですか?

「~してもよい」の使い分け

ウサギ
まずは can と may の「~してもよい」をみていきましょう。わかりやすいのは may かな? そのまんま「~してもよい」っていう『許可』を表わしますね。

May I ride your motorcycle?
あなたのオートバイにのってもいいですか?

それに対して can は「~することができる」を当てはめて考えるといいですね。

Can I ride your motorcycle?
あなたのオートバイに (私が) のることってできる?

ネコ
「あなたのオートバイにのってもいいですか?」と「あなたのオートバイに (私が) のることってできる?」かぁ……言いたいことはだいたい同じですね。少し can を使ったほうが軽い感じかな?

ウサギ
そうですね。だから目上の人に『許可』をお願いするときは May I ~ ? を使いますね。Can I ~? でお願いするのは、少し前までは正式な言い方じゃなかったんだけど、友達同士の会話で使うのは今では普通だそうですよ。

ネコ
ふーん。なるほどね。

「~してはいけない」の使い分け

ウサギ
次は can may must の否定形「~してはいけない」をみていきましょう。でも、can と may に関しては、さっきの話でほとんど大丈夫でしょ?

You can’t ride my motorcycle.
オレのバイクにのることはできないよ (のせられないよ)。[可能性の否定]
You may not ride my motorcycle.
オレのバイクにのってはいけません。[不許可]

ネコ
「バイクにのせられない」と「バイクにのることは許可しない」かぁ……まぁだいたい同じような意味かなぁ。でも普通、「~してはいけない」と言ったら「~するのは許可しない」なので may を使うのが普通なんだろうね。

それじゃ、must の否定形「~してはいけない」はどうなるんですか?

ウサギ
must の否定形「~してはいけない」は命令です。

You must not ride my motorcycle.
オレのバイクにのるな。[否定の命令]
= Don’t ride my motorcycle.

だから must not の文は、否定の命令文に書きかえることができます。

ネコ
「バイクにのることは許可しない」と、「バイクにのるな」かぁ……なるほどね。ニュアンスが全然違うね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました