許可の助動詞 may の用法と否定の時の注意点

許可の助動詞 may中学レベル英語の解説

「~してもいいですか」と許可をもとめたり、「~かもしれない」と可能性をいうとき、英語でどういうのでしょうか。may を使った疑問文の答え方や、may を使った否定文での注意するべきポイントがあります。今回は許可をあらわす may の用法について解説します。

スポンサーリンク

許可の may

ネコ
「~してもよい」をあらわすとき、助動詞 may を使うんですよね。

You may play the guitar.
ギターを弾いてもいいですよ。
May I play the guitar?
ギターを弾いてもいいですか。

ウサギ
よくある表現でこういうものもあります。

May I help you?

ネコ
お店で店員さんが言うやつですね。「いらっしゃいませ」と訳すといいんですよね。

ウサギ
直訳すると「お手伝いしていいですか」となりますね。だからこう返事をすることになると思います。

Yes, please.
はい、お願いします
I’m just looking. Thank you.
見ているだけです。ありがとう。

ネコ
「いらっしゃいませ」感覚だと、返事がすぐに出てこないですね。

可能性の may

ウサギ
他にも may は「~かもしれない」という意味もあるよ。「~かもしれない」の may の、可能性は50%になります。

He may come here.
彼はここに来るかもしれない。

注意が必要なのは否定の文のときです。

may not と否定になった時の注意点

He may not play the guitar.
・彼はギターを弾いてはいけません。
・彼はギターを弾かないかもしれない。

というふうに、may を使う否定文には2種類の意味が存在します。どちらの意味かは、前後関係から判断するしかないですね。

ネコ
ちゃんとテストでできるかなぁ? 神の祝福がありますように…

ウサギ
May God bless you ! (神の祝福がありますように) と祈願をあらわすときにも may は使いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました