義務の助動詞 must の用法と have to との関係

義務の助動詞 must中学レベル英文法・長文の解説
この記事は約3分で読めます。

「~しなくてはいけません」と義務をあらわすとき、英語でどういうのでしょうか。また must を使った疑問文は、答え方に注意が必要です。その他 must と命令文との書きかえや、must と have to との関係についても解説します。

ネコ
「~しなくてはいけない」をあらわすとき、助動詞 must を用いるんですよね。

スポンサーリンク

義務の must

He must play the guitar. (肯定文)
彼はギターを弾かなくてはならない。
Must he play the guitar? (疑問文)
彼はギターを弾かなくてはなりませんか。
He must not play the guitar. (否定文)
彼はギターを弾いてはいけません。

ウサギ
must のイメージは「命令」です。だから命令文との書きかえ問題もよく出ます。

You must not play the guitar here.
= Don’t play the guitar here.
ここでギターを弾いてはいけません。

ネコ
なるほど。命令ですね。

「~に違いない」の must

ウサギ
must には「~に違いない」という意味もあるよ。「~に違いない」の must の、可能性は100パーセントになります。

She must be busy.
彼女は忙しいに違いない。

ネコ
これの反対が can’t になるんですね。これはうっかり mustn’t を使ってしまいそうだね。

She can’t be busy.
彼女が忙しいはずがない

must と have to の使い分け

ウサギ
厳密にはニュアンスが違うらしいけど、肯定文のときは 「must = have to」が成り立つということになってます。

He must study English.
He has to study English.
彼は英語を勉強しなくてはならない。

must not と don’t have to

でも、否定文のときは「must ≠ have to」となります。

He must not study English.
彼は英語を勉強してはいけない。
He does not have to study English.
彼は英語を勉強しなくてもいい。

ネコ
「しろ」⇔「するな」と「しなくてはならない」⇔「しなくてもいい」ということですね。must が「命令」と考えると、何とかなりそうです。

must の疑問文の答え方

ウサギ
また、must を使った疑問文に答えるときにも注意が必要です。

must の疑問文に、否定で答えるときは、don’t have to を使います。
Must he study English?
彼は英語を勉強しなくてはいけませんか。
Yes, he must.
はい、彼はしなくてはなりません。
No, he does not have to.
いいえ、彼はしなくてもいいです。

ネコ
なるほどね、「しなくてはいけませんか」に対して「してはいけない」と答えるのは変ですものね。

must と have to の違い

ところで、厳密には「must と have to は違う」ってさっき言ったよね。どういうところが違うのですか?

ウサギ
must は、話し手の強い意志で「~しなくてはならない」という感じです。have to は、周囲の事情で「~しなくてはならない」という感じなんです。

ネコ
I must study English hard. だと、自分からすすんでがんばってる感じだけど、I have to study English hard. だと、親に言われてやらされている感じですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました