意志をあらわす will

高校レベル英語の解説
スポンサーリンク

主語の意志

問題次の各文の(   )に入る最も適当なものを ア~エ の中から1つ選びなさい。
Before marriage she made him agree that he (   ) never break his promise.
ア. could / イ. shouldn’t / ウ. would / エ. wouldn’t

ネコ
「結婚前に、彼女は彼に “that 節の内容” を同意させた」という意味ですね。

ウサギ
that 節がどういう内容かというと、break his promise 「約束を破る」に never がついているから、「絶対に約束を破らないこと」がその内容だとわかりますね。この時点で選択肢の「イ」「エ」が消去できます。

ネコ
え? どういうこと?

ウサギ
never と not は双子の兄弟 (never の方が強い) みたいなもので、横に並ばれると「どっちが本物?」となってしまい困るので、横には並べないからです。

調べると not never と並べて「否定の強調」をあらわす文もありましたが、それはちゃんとした英語ではない (ら抜き言葉みたいなもの?) ようです。そして n’t という省略形と never を並べることは (たぶん) ないようです。

ネコ
ふーん、なるほどね。

ウサギ
次に「ア」ですが、could は can 「能力・可能性」の助動詞の過去形ですね。約束を破る可能性がないことは、同意させられません(同意しようがしまいが、約束を破る可能性はある)。また、約束を破る能力がないことも同意させられません(同意しようがしまいが、約束を破る能力はある)。よって、「ア」も消去できます。

ネコ
可能性や能力は、人の意志とは関係ないからね。

ウサギ
最後に「ウ」ですが、would は will 「意志」の助動詞の過去形であることから考えてみると、約束を破る意志を持たないことに同意させられた、と考えると問題ないですね。そして時制の一致(主節の made に合わせる)により、would となります。

Before marriage she made him agree that he would never break his promise.
結婚する前に、彼女は彼に約束を決して破らないことに同意させました。

物にも意志がありますか?

問題次の各文の(   )に入る最も適当なものを ア~エ の中から1つ選びなさい。
Something has happened to this lock; the key (   ) turn.
ア. won’t / イ. will / ウ. do / エ. will be

ネコ
Something has happened to this lock. は「何かが鍵に起こった」という意味ですよね。ん? だからどうしたらいいんだ?

ウサギ
日本語訳だけ見ると過去っぽくなっていますが、英文は現在完了になっていますね。つまり過去のある時点で鍵に何かが起こり、その影響が現在出ているのです。その影響を詳しく述べているのが[ ; ]以降です。

ネコ
えっと・・・現在完了形なので、単に過去の話をしているんではないんですね。

ウサギ
と、ここまでわかれば選択肢から選ぶのは1つしかありません。否定になっている「ア」です。

Something has happened to this lock; the key won’t turn.
この錠前に何かが起こりました。鍵が回りません

ネコ
え? なんで?

ウサギ
なぜかというと、過去のある時点で鍵に何かが起こったのならば、その結果として the key が普通に turn するはずがないからです。よって「イ」「ウ」は消去されます。(「エ」の受動態は意味的にムチャなので消去)

ネコ
あ、そうですね。鍵に何かが起こったなら「鍵は回らない」はずだもんね。

ウサギ
ちなみに「ア」won’t は will not の短縮形で、主語が the key という「物」であったとしてもやはり「主語の意志」を表します。the key won’t turn. で「キーが回ろうとしない」と、まるで the key が意志を持っているかのような言い方をします。

未来のwill 意志のwill

問題次の各文の(   )に入る最も適当なものを ア~エ の中から1つ選びなさい。
If you (   ) introduce me to Mr. White, I’ll be much obliged.
ア. shall  イ. are  ウ. will  エ. to

ネコ
「もし私に Mr. White を紹介してくれたら、とってもうれしいな」というような意味ですね。あ、もしかしてこれは、「時・条件をあらわす副詞節の中は未来のことでも現在形」ってやつじゃないのですか? If節は副詞節なので、正解は「イ」ですね。

If you are introduce me to Mr. White, I’ll be much obliged.

ウサギ
不正解です。

ネコ
えー、なんでー?

ウサギ
「もし私に Mr. White を紹介してくれたら」というのは、「もし私に Mr. White を紹介する意志があれば」ということです。

「未来の will 」は副詞節の中では使いませんが、「意志の will 」は副詞節の中でも使います。ということで、正解は「ウ」になります。

If you will introduce me to Mr. White, I’ll be much obliged.
ホワイトさんを紹介していただければ、大変お世話になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました