頭のいい子がやっている 用語がすぐに覚えられる、連想暗記法

おすすめ勉強方法

勉強をしていて、いろいろな用語が出てきます。そういった用語をすぐに暗記する人がいます。彼らはどのようにしてそれらを暗記しているのでしょうか。実は発想を広げて、つながりを持って暗記しているのです。

彼らがどのように暗記しているのか、いくつか例を挙げながら、その発想に迫っていきましょう。

英単語の覚え方

野球を英語で書くと baseball です。これの覚え方は「バセバ11(じゅういち)」だそうです。ここまでは、英語を無理やりローマ字読みするよくあるやつです。ただ「11」の解釈がなかなかです。

野球は9人でします。あとは監督と、マネージャーで「11」人です、だそうです。なるほどね。

あと、walk と work って紛らわしくありませんか? walk は「るく」なので walk です。work は「仕事」なので work です。

しかしこれは、発音で考えてしまうと「ウーク」は walk、「ワーク」は work となって、逆になりかねないので注意です。ただ発音と綴りが逆になるというのも、それはそれで一つの覚え方でしょうか。

示準化石の分類

理科で示準化石の化石の年代を答える問題があります。さて「フズリナ」「ビカリア」「アンモナイト」は、それぞれ「古生代」「中生代」「新生代」のどの時代のものでしょうか。

まず「フズリナ」です。ズリナの「フ」は「古い(るい)」の「ふ」です。ということで、フズリナは「古生代」です。

次は「ビカリア」です。ビカリアは「ピカピカ」に光っています。新品ですので、「新生代」です。大丈夫ですか? ついてきていますか?

最後は「アンモナイト」です。アンモナイトは「新生代」でも「古生代」でもどちらでもないです。ということで、残った「中生代」になります。

導管・師管の覚え方

理科の植物の分野で「導管(どうかん)」「師管(しかん)」があります。「導管」は根から吸い上げた水や栄養を運ぶ管のことです。水を運ぶので「水道管(すいどうかん)」と覚えます。

「師管」は葉で作られた栄養を運ぶ管です。葉(は)から歯(は)を連想し、そこから「歯間(しかん)ブラシ」と覚えます。

導管と師管を合わせて「維管束(いかんそく)」と呼びます。維管束は大切な用語なので覚えないといかんのです。

火成岩の分類

次は火成岩の分類です。

火山岩流紋岩(ゅうもんがん)安山岩(んざんがん)玄武岩(んぶがん)
深成岩花崗岩(こうがん)閃緑岩(んりょくがん)斑レイ岩(んれいがん)
色・性質

全部覚えようとすると少し大変ですね。そこで頭文字だけでも覚えようというということで、リカちゃんあせっていた」というものがあります。左上から始まり左下に行き、中央上、中央下、右上、最後に右下で終わりです。

上の段は火山岩です。地表ちかく、または地上に出て、急速に冷えてできたものです。「地」なので上の段にあります。下の段は深成岩です。地中深いところで、ゆっくりできたものです。「地」でできるので、下の段にあります。

流紋岩と花崗岩の色は白です。リカちゃんは色白ですよね。それに対して玄武岩と斑レイ岩の色は黒です。ゲロはグロいですよね。グロいので黒(?)です。これで色も覚えられましたね。

まとめ

連想暗記法として例をいくつかあげさせていただきました。ポイントはイメージを大きく広げて、自由な発想で行うことです。決まりはありません。自分が覚えられさえすればいいので、少々つじつまが合わなくても構いません。

大切なことは、自分で考えることです。人に教えてもらっては、その効果は半減です。上記の覚え方もそれを確認して、「ふーん、なるほどね」だとあまり意味はありません。自分なりの見方、考え方に落とし込まないといけません。

生徒と話していて、「なんじゃ、その覚え方は⁉」ということはよくあります。でもそれでいいんです。「なんじゃそれは」ということは、それがその人のオリジナルということです。

自分で工夫したことはいつまでも頭に残ります。出てきた用語がすぐに暗記できる人がしている連想暗記法と紹介しましたが、実はあれこれと工夫しているから頭に残るというのが、連想暗記法の本質なのですね。

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました