定期テストで常に90点以上をとる人と、時々しかとれない人の違い

テストで問題が分からなくて困っている女子高校生おすすめ勉強方法
この記事は約4分で読めます。

定期テストで90点を目標とする人は多いと思います。定期テストで90点というのは、その点数がとれれば、通知表でまず「5」がつくだろうという、一つの目安です。

その90点という点数ですが、毎回確実に超えてくる人もいれば、普通は80点台で、時々思いだしたかのように90点を超えてくる人がいます。

普段の授業の様子は、どちらも似たような感じです。むしろ後者の方が、その場での理解が速いこともあります。さて、常に90点以上をとる人と、時々しか90点がとれない人には、どういう違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

定期テストの点数をきめる要因

先ほど書いた通り、定期テストで常に90点以上をとる人と、時々しか90点がとれない人は、普段の授業において差はありません。同じように説明を聞いて、同じように理解しています。その場その場でやらせる練習問題の正答率も、特別な差を感じません。

では宿題でしょうか。これは多少あるかもしれません。宿題のやり方が雑だった人は、定期テストの点数が安定しない傾向が、あるようにも感じます。でもそれほど大きな差になるとも思えません。実際、常に90点をとるような人でも、宿題のやり方がお粗末だった人はいました。

定期テストの点数を決める最大の要因は、テスト前の勉強です。テスト前の勉強でどういう勉強をするのかが、定期テストの点数を決めるのです。

目標があるかないか

テスト前の勉強を頑張ったか、頑張らなかったかで点数が変わると言いました。当たり前の話ですね。つまり、定期テストで常に90点以上をとる人は、テスト前の勉強を頑張った。時々しか90点がとれない人は、テスト前の勉強をそこまで頑張れていなかったということです。

では、なぜそのような差が生まれるのでしょうか。

一つは目標の有無です。時々しか90点がとれない人は、そもそも90点を、目標に置いていないことが多いです。なので87点で「おしかったなぁ、あと3点で90点だったね」と言っても、「まぁ、こんなもんでしょ」という返事が返ってくることもあります。

目標を設定することと、実際にその点数がとれることに、相関はないという人がいるかもしれません。もちろんテストの範囲は毎回違いますし、難易度も毎回違います。ですが、不思議なことに実際に点数は、目標点数に引き寄せられていくのです。

みなさんのなかで、目覚まし時計のアラームをセットして、寝ている人がいるかもしれません。毎日同じ時間にセットしている人が多いでしょう。するといつのころからか、目覚まし時計よりも少し早く目が覚めるようになっていませんか。

何か一つ基準となるものが決められると、それに意識や体が引き寄せられるということがあるのです。

少し高い目標を持つ

とはいえ、目標を90点ときちんと設定して、それに向けてがんばっているつもりなのに、時々しか90点がとれない人もいます。むしろそういう人の方が多いかもしれません。

ではそういう人と、常に90点以上をとる人では何が違うのでしょうか。

時間にルーズな友達がいるとしましょう。毎回30分遅刻します。そこで考えました。その人だけ集合時刻を30分前で連絡するのです。するとみんな時間ちょうどに、待ち合せられますね。それと同じようなことが起こっているのです。

実は、常に90点以上をとる人と、時々しか90点がとれない人の間では、目標の点数が違うのです。常に90点以上をとる人の目標の点数は「95点」なのです。90点ではないのです。そして時々しか90点がとれない人と同様に、「時々しか95点がとれないなぁ」と思っているのです。

まとめ

常に90点以上をとる人と、時々しか90点がとれない人の違いについて、書いてみました。目標の有無もありますが、一番大きいのは目線の違いです。定期テストで常に90点以上をとる人は、95点を目標に頑張っているのです。

この意識の差は、テスト後にも及びます。90点が目標なら、それがとれれば満足して見直しはしません。ですが、95点が目標なら、90点であっても見直す問題が出てきます。その中で意識づけがされていき、目覚ましのアラームよりも早く目が覚めるように、定期テストで常に90点以上とれる人になるのです。

もちろんこれは、「時々しか80点がとれない人」、「時々しか70点がとれない人」にも同じことが言えます。点数がいまいち伸び悩んでいる人は、目標がどうだったのか、一度振り返ってみるといいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました