寝る間を惜しんで勉強するべきでない理由

この記事は約5分で読めます。

「寝る間を惜しんで勉強する」という言葉があります。勉強を頑張っている意味で使われます。確かに頑張ってはいるのでしょう。しかしその行為は正しいのでしょうか?

スポンサーリンク

寝る間を惜しんで勉強した分、ほかで損をしている。

定期テスト前に自習に来る生徒がいます。ある程度してから様子を確認すると、すやすやと寝ています。起こして、どうしたのかたずねると、「いやぁ、昨日徹夜で勉強していたんですよ~」と言います。それを聞いて「そうか、頑張っているな、えらいぞ」…… とはなりません!

いや、確かに頑張っているのです。しかしそれが、ほめられる行為ではない、ということです。まず、自習に来て寝ていることが論外。寝るために自習に来ているのか? なら、家のベットでゆっくり休んだ方が、何倍もましです。かたい机で寝たとしても、体は休まらないでしょう。

また、その調子なら、学校の授業の様子も想像がつきます。「授業中は寝てません」と言いますが、仮に寝ていないとしても、集中できているとは思えません。先生の説明はバックグラウンドミュージックとなり、ボーっとしているのではないですか?

寝る間を惜しんで勉強して学んだ分と、睡眠不足により学校の授業や、自習で学べなかった分を、比べてください。どうひいき目に見積っても同程度です。

「同程度なら、別にいいじゃん」と思う人がいるかもしれません。ですがこれは「ひいき目に見積っても」です。実際は寝る間を惜しんで勉強した分は、その努力ほどの効果は得られていません。

スポンサーリンク

寝る間を惜しんで勉強しても、身にならない。

井上昌次郎先生の「人はねむる、動物もねむる」より引用させていただきます。小学校の教科書に載っていましたので、ご存知の人もいるでしょう。

…… 大脳のニューロンが、長い間ねむらずにいると、きずつき、死んでしまうのです。

さっそく恐ろしいですね。寝ないと、脳が死ぬんですよ。さらにこう続きます。

起きている間ずっと働き続け、疲れてしまったニューロンは、ねむっている間にすっかり点検され、修理されます。そして、目を覚ました時には、再び元気に働けるようになっているのです。

ということです。睡眠はとても大切なことだとわかりますね。そして最後はこうあります。

それだけではありません。みなさんのような成長期にある子どもの場合、ねむっている間に、大脳のニューロンは細く長いとっ起をのばし合ってたがいにつながり、新しい連らくもうを作っています。…… つまり、ねむっている間に、みなさんはどんどんかしこくなっているのです。

わかりますか? あなたは賢くなるために勉強しているはずです。ところが、寝る間を惜しんで勉強するというのは、賢くなるチャンスを捨てていることになるのです。本末転倒とはこのことです。

普段から勉強することが大切。

「そうはいっても、寝ずにやらないと間に合わないもん」とあなたは言うかもしれません。それは普段の取り組みがまずいです。普段から学校の授業をしっかり聞き、宿題をし、わからないことをその場その場で解決し、提出物も早めから準備しておけば、そんなに慌てることはないはずです。

毎回定期テスト前に、夜遅くまで勉強している人は、そこを反省すべきです。寝る間を惜しんで勉強しているのは、ほめられることではないのです。

また短期記憶と長期記憶というものがあります。定期テスト前に、寝る間を惜しんで勉強して詰め込んだ内容は、短期記憶となります。勉強した内容が、なんとか定期テストに間に合ったとしましょう。それは定期テストが終わった瞬間に忘れていきます。

あなたの目標は何ですか? 定期テストで点数を取ることですか? それも一つでしょうが、その先に志望校合格がありますよね。入試問題には短期記憶は役に立ちません。範囲が広いからです。すると寝る間を惜しんで勉強した内容を、もう一度やり直すことになります。二度手間ですね。

普段の取り組みを変えることで、こういった二度手間を省くことができるのです。そもそも普段の取り組みがまずいというのは、勉強が面倒だと感じているからそうなるのでしょう。それが結果として、より面倒なことをするはめになるのですから、これまた本末転倒です。勉強が面倒だからこそ、普段からやるべきことを、コツコツとすることが大切なのです。

よく眠るための方法

最後によく眠るための方法をお伝えします。

まず目を閉じます。気持ちを落ち着けましょう。そしてゆっくりと息を吸います。ある程度、吸ったところで息を止めます。息を止めたまま時間を数えます。いち、に、さん、しー、…… 。少し息苦しくなったかな、というところで、ゆっくり息を吐きます。体の中の悪いものが出ていくイメージです。

そして息を吐き切ります。苦しければ無理はしなくていいです。ある程度、吐き切りましたら、そこでまた息を止めます。そしてまたゆっくり息を吸います。ある程度吸ったら息を止めて、数を数えます。いち、に、さん、…… 。

何回か繰り返すうちに、鼓動を感じます。血管が脈打つのを感じます。体中を血液が回っているのを感じます。脳の方にも血液がぐるぐる回っています。そして手の先がじんわりと暖かくなってきますね。

そのまま眠りに落ちたたら最高ですが、そうならなければ、飽きたところでやめてもらって結構です。普通に寝てください。多少呼吸を深くするイメージでいるのもいいかもしれません。それで朝起きたときのすっきり度合いが変わります。だまされたと思って、やってみてください。

まとめ

「寝る間を惜しんで勉強する」のは、本末転倒です。寝る間を惜しんで勉強しなくて済むように、普段から勉強してください。脳の成長を考えると、寝ることもまた勉強です。

スポンサーリンク
おすすめ勉強方法
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました