SVO+to do になる動詞

この記事は約2分で読めます。
・allow A to do 「Aが~するのを許す」
・advise A to do 「Aに~するよう助言する」
・ask A to do 「Aに~するよう頼む」
・cause A to do 「・・・が原因でAに~させる」
・encourage A to do 「Aに~するよう仕向ける」
・force A to do 「無理やりAに~させる」
・get A to do 「Aに~させる」
・tell A to do 「Aに~するように言う」

ウサギ
上記の動詞は、Aの部分が不定詞の意味上の主語になります。つまりAの部分に人が入って「Aが~
(不定詞の内容を) する」という意味になるね。

He advised his daughter to cut down on her drinking.
彼は娘にお酒の量を減らすよう忠告した。

ネコ
この英文では、お酒の量を減らすのは「娘」ってことですね。

ウサギ
あと大切なのは、間接目的語をとらない動詞を一緒に確認しておくことです。
announce / describe / deliver / mention / say / suggest / report / return
テストでは、選択肢にこういった英単語と混ぜられて出題されます。

問題His mother (  ) to be more careful in the choice of words.
1. advised him / 2. said him / 3. suggested him / 4. warned to him

ネコ
ふむふむ。「2」「3」は間接目的語をとらない動詞なのに、間接目的語がついちゃっているからダメですね。「1」の advise は、SVO+to do をとる動詞なので、これが正解かな?

ウサギ
はい、正解です。

スポンサーリンク
高校レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました