仮定法の注意すべき用法を例文で確認しよう

この記事は約2分で読めます。

ネコ
その他に仮定法の注意すべき用法はありますか?

ウサギ
条件節が仮定法過去完了で、帰結節が仮定法過去になることがあります。条件節では過去の事実の反対の仮定を述べ、帰結節では現在の事実の反対の仮定を述べているんですね。使われている時制をあらわす副詞に注目するとよいです。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう

条件節が仮定法過去完了で、帰結節が仮定法過去

If he had worked harder then, he would be rich now.
その時彼がもっと一生懸命働いていたなら、今はお金持ちだろうになぁ

ネコ
変な形だけど、意味を考えれば大丈夫ですね。あと now に注目できれば、このパターンと見抜くことができそうです。

ウサギ
その他には条件節の if が省略されると、主語と助詞、または主語と were (was) が入れ替わり、倒置が起きるというパターンもありますね。

if が省略されて、倒置が起きるパターン

Had you been here, I could have been taught English by him.
= If you had been here, I could have been taught English by him.

あなたがここにいたなら、私は英語を教えてもらえたのになぁ。

ネコ
倒置の場合は、主文の形で仮定法と判断するのが実践的ですね。

ウサギ
あと、文脈から明らかな場合は、if節、あるいは if節に相当するものがないことがあります。仮定法かどうかは動詞の形に注目するとよいですね。

その他この表現を覚えておくといいですよ。

as if ~ were / あたかも

He speaks as if he were a teacher.
彼はあたかも先生のように話をします。

if only+仮定法 / ~でさえあれば (あったなら) なぁ

If only I were a bird.
鳥だったらなぁ。

ネコ
仮定法は be動詞の形が were になっていることに注目ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました