副詞節での「主語+be動詞」の省略

この記事は約3分で読めます。
問題(  ) に適する語を、次の1~4から選べ。
I often study while (  ) to music.
1. listen / 2. hear / 3. listening / 4. hearing

ネコ
(  ) の後ろに to があるから、listen to music のパターンですよね。hear は違うよなぁ。で、前置詞の後ろは ~ing だから3. listening……あれ? while って前置詞じゃなくて、接続詞ですよね。じゃぁ、~ing は使えないのかな? といって listen には主語がいるし……

ウサギ
実はこれは「省略」があるんですよ。

ネコ
「私はよく音楽を聴きながら勉強する」という意味ですよね。音楽を聴く人と勉強する人は同じ「私」ですね。ということは繰り返しを避けるために、省略されているんですね。というとは I が省略されていると考えて、1. listen ですかねぇ。

ウサギ
違います。ここで省略されているのは「主語+be動詞」なのです。

時・譲歩・条件などの副詞節では、「主語+be動詞」を省略することがあります。
I often study while listening to music.
= I often study while I am listening to music.
私はよく音楽を聴きながら勉強をします。

 

ネコ
はぁ、正解は 3. listening なんですね。「主語+be動詞」がセットで省略されていることがポイントですね。

ウサギ
では、次の問題に挑戦してみましょう。

問題(  ) に適する語を、次の1~4から選べ。
Some books, if (  ) carelessly, will do more harm than good.
1. read / 2. to read / 3. in reading / 4. reading

ネコ
if だから「条件」をあらわす副詞節ですね。これも省略がありそうだ。「主語+be動詞」が省略されているなら、4. reading ですかねぇ。

ウサギ
違います。「主語+be動詞」が省略されているのは正しいのですが、be動詞のうしろは ~ing とは限らないでしょ。

ネコ
そういえば、「be動詞+過去分詞」という受動態のパターンもありましたね。

Some books, if read carelessly, will do more harm than good.
= Some books, if they are read carelessly, will do more harm than good.
不注意に読むと、ためなるよりもむしろ害になる本があります。

ネコ
正解は、1. read でしたね。read は「現在形」と「過去・過去分詞形」で形が同じなんだよね。いやらしい問題だったね。

スポンサーリンク
高校レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました